第2回【お金の学校】子ども向け・4つのおかねのつかいかた・金融教育

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

今回は、金融庁さんを参考に、4つのお金の使い方について動画で解説します。

 

今日は金融教育研究所の佐々木由
ですそう学生向けほ金の学校
今日はですね4つのお金の使い方というテーマでお話をしたいと思います
なおこのお話に限りましては金融嬢さんのですね
サイトを参考にして作成させていただきました
まずお金には4つの使い方がありますひとつ目は使う
二つ目は貯める3つ目が与える
あげることですね4つ目が増やすという4つの海の使い方があります
本当はもう一つ稼ぐっていうのがあるんですが
今回はそれは2なしにしてみたいと思います
まず最初に使うということですね
お金を使う時ってだいたいまあ買い物をするということが皆さん多いと思いますが
効果音っていうのは当たり前ですが使うとなくなっていってしまいます
大事なのは上手にお買い物ができるかなということなんですね
それには4つのポイントがありますひとつ目
欲しいものはまず紙に書いてみます何が欲しいかな
その中でですね
それを全部買っちゃうとすぐを買えなくなっちゃいますそうじゃなくて
一番欲しいのなんだろうって次に欲しいのは何だろう
優先順位をつけて欲しいんですね何が一番何が2番って数字を注いつけて欲しいと思い
ます
3番目その優先順位の高いものからですねこれは本当に今買った方がいいのかなぁ
理由のちょっと考えてみて欲しいと思います
でやっぱりどうしてもこれ今必要なんだよね
これはこれだけはどうしても欲しい良いものがあったらそれをとどこで買ってもいい
わけじゃないんですねものっていうのは売っている場所によってお値段が違います
ことさらインターネットで買ったお安いかもしれませんし
ひょっとしたら角のですね
おうちの鯖のスーパーで買った方が安いかもしれない
いろんな売り場によってお値段が違うことがありますなので値段を比較してみて
全く同じものであれば安いところで買った方がお金が上手に使えます
このポイントを
お買い物時にちょっと使ってみて頂ければと思います
次はためるですねお金はですね使っていけばどんどん減っていきますので
貯めることも必要なわけですね欲しいもの本当に惜しいものが出てきたときにお金が
ないと買えません
それだと困りますのでためるっていう事が必要です
ためルっていうのは今の自分が我慢をするということでもあるんですけれどもそれは
未来の自分が喜ぶことに回してあげるっていう事にもなるわけですね
なので今どうしても欲しい物が
どうしても買わないといけないっていうものは慌てて買わずにですねええ
未来の自分が欲しい物が出たときのために貯めておくという方もない子だと思います
そして謙ですねまぁこれはあげるっていう事ですね
例えば
今すごいお金を持っている人がいるとしましたらそれは誰かに
まあ何かモノを買ってですねあげるそうするとその人はうれしいわけですね
また皆さんホッとしたらお年玉でですねおじいさんおばあさんたちからですね
元志團がないよって効果音遅れもらったことがあるかも知れませんこれも譲るですね
お金をもらうとその気持ちとたまにもらうわけですね
もらうとうれしいなぁってみんなが思うわけです
このようにしてお金っていうのは自分が使うだけじゃなくて誰かに
回してあげるということもできます
また寄付っていうものもですね譲の仲間なんですね
皆さん学校などでですね募金活動をしたことがある人もいるかもしれません
募金というのはみなさんからですね広く
少しずつお金8
もらってそれを困っている人に回してあげるものなんですね
例えば豪雨災害などで
今生活が困っている人がいたらその人のために寄付をしてまとまったお金にしてですね
支援してあげるあげるゆずるっていうことですねこれも譲るの一つなんですねこのよう
にするとですね自分だけで
ためにお金を使うんじゃなくて社会にお金が出ていてですね
今お金が必要な人のところにお金が行くということになります
そして最後のお金の使い方はこれは増やすっていうことです
難しい言葉では投資って言います
簡単にものすごく乱暴に言いますとお金を育てるということなんですけれどもこれは
ですね
近衛近衛みたいに本当にこう水をジャーやってお金を増やすわけじゃなく
先ほど見たようにですね今すぐ使わない自分のお金貯めているお金を
お金が必要な人のところに寄付じゃないんですけども働きに出してあげるんですね働き
に出してあげます
例えば車を私が車を作りたいとします
車を作る工場を建てたいでもお金がないんですよーってします
そしたら私のためにで線誰かがじゃあこの期末買うないお金あげるからこれで
工場建てないよでもうまくいったらちょっと3回でちょうだいね
リーフ椅子お金をくれるわけですよお金を出してくれます
そしたら私が前走のお金をもとに工場を作って頑張って車はですねこう作って
出荷して売れたらお金を出してくれた人にちょっ
ありがとうこれを例ですといってお金渡すだけですね
こうすると別れを出してくれた人のお金がちょっとずつ増えていきます
こういうのを通しっていい
皆さんにとっては増やすっていうのはまだまだ先の話だと思いますがお金というのは
増やすことができる
社会に回して今必要な人に自分のためたお金使わないお金を回すことで社会をより良く
できるということを
覚えておいていただければ嬉しいです
今日の後目ですかねには4つのお金の使い方があります1つは使う自分のために使う
今の自分のために使う
して二つ目貯めるですねこれは今の自分が我慢して将来の自分が幸せになるために溜め
ます
3つ目は与える自分のためだけじゃなくて今困っている人にお金を与えるものを与え
たりしてみんながハッピーになるお金の使い方ですそして4つ
では増やすです先ほどの貯めるお金今使わないお金を誰かお金が必要な人に貸してあげ
たり渡したり
そしてその人でうまくいったらお金をちょっと増やして返してもらう
そしてお金を増やす恋の投資って言います
このように使うためる与える増やすという4つの使い方があります
ぜひ覚えておいていただければ嬉しいです
今日のお金の学校の話はここまでです
はいコマーシャルです a
金の教育でですねご相談あります方はこちら金融教育研究者で検索をされてみて
ください
最後までご覧いただきましてありがとうございましたさようなら

関連記事

  1. 金融教育・小学生

    第1回【お金の学校】こどもむけ・おかねはどうしてうまれたの?…

  2. 第4回【お金の学校】どうしたらお金が手に入るの?・小学生・金…

  3. 老後に2000万円必要って本当?・お金の授業・資産運用・第9…

  4. 投機は投資とここが違う・お金の増やし方・授業・第13回【お金…

  5. リスクとリターンがおおむね比例する理由・金融教育・投資・お金…

  6. 自己紹介動画:佐々木裕平ってどんな人?

PAGE TOP