新しいことに挑戦するのは怖いことだけれど、挑戦しないと何も得られない……かもしれない o3

こんにちは。金融機関から販売マージンなどを受け取っていない中立的なアドバイザーとして講演執筆活動をする佐々木裕平です。

現在、というか、いつものような気がしますが……。

新しいことに挑戦しています。

金融教育研究所の佐々木裕平は自営業者なので、なにからなにまで基本的に自分で決めて、作業をします。

通常の講演活動や執筆業、ホームページの作成や、経理、こまごまとした事務処理まで、すべて行います。

そう言った、基本的に日々行っている作業とは別に、できるだけ時間をとって、いつもとは異なることもするようにしています。

ただ、それらのことをするのは、正直、怖い面もあります。

なぜなら、経営資源が限られているからです。

この場合の資源とは、私の時間、という面が大きいです。

人生の時間は限られています。

その時間をどのようなことに使えば、最大のリターンが得られるのか?

これは、結果が出るまでわかりません。

もしかすると、まったくリターンを生まない行動になってしまうかもしれません。

でも、何もしないと、何も得られないのも、また事実です。

会社員だったころは、こんなことはあまり考えませんでした。

普通に仕事をしていれば、安定したお金が入ってくるからです。

ですが、自営業者には、会社員には得られない「何か」があります。

金融教育研究所を起こしてから、11年目ですが、会社員をやめて、本当に良かった、とこれだけは思います。

以下コマーシャルです。

Contents

楽しみながら、自然とお金と社会のことがよくわかる、楽しい小説です

お金と僕らの物語

 

お金と僕らの物語 佐々木裕平 金融教育

  • 出版社 ‏ : ‎ Gakken (2023/8/10)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2023/8/10
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 300ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4052057597
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4052057595
  • 寸法 ‏ : ‎ 13.4 x 2 x 19.5 cm

Amazon紹介ページより引用

新一万円札の肖像になる渋沢栄一と、子どもたちのやりとりの中から、「お金とのつきあい方」がわかる、新感覚の小説。渋沢栄一が残した「夢十訓」の謎を解きながら、単なる知識ではない、「お金と人生」の指南書。小学高学年~中学生、一般成人にも。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 雑記:長期金利は経済の体温計

  2. 投資の失敗談+いろんな講演のこぼれ話【お金の学校】第18回

  3. 読書感想:もつれっぱなし:一言ブログ2022/07/07

  4. パソコン作業の能率を上げる「脳は疲れを知らない」「疲れを感じ…

  5. 大学生向けのお金の教養(金融教育)承ります

  6. 金融教育・団体・講演・講師・オンライン・セミナー・静岡

PAGE TOP