雑記。効用とは何か

効用とは精神的な価値観

こんにちは。

 

金融教育研究所の佐々木裕平です。

 

今日は効用について、少し独り言です。

 

 

 

効用とは、精神的な価値観・幸せ・満足度のようなものです。

 

経済学の世界では1円当たりの効用は、「その人がそれ以前に所有していた富や幸せの量と反比例する」と言われています。

 

どういうことでしょうか。

 

 

 

例えばダイエットです。

 

体重が60kgの方が3kg痩せるというのは、効用が高い、可能性があります。

一方で、体重が120kgの方が3kg痩せるというのは、効用が低いかもしれません。

もし上記二つの人が、同じ人間だとしたらもっとわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

 

60kgの自分にとっては、3kgのダイエットは、「結構、効果があって、うれしい」と思うかもしれません。

 

しかし、体重が120kgの自分にとっての3kgの体重減は、「あまり効果がない、いま一つ」と思うかもしれません。

 

 

 

これは少し不思議です。

 

なぜなら、どちらの場合も、同じ3kgの体重減なのに、得られる「効用」が異なるからです。

 

体重が多い・豊かな方が、ダイエットの効用が小さい、のかもしれません。

 

体重が少ない・貧しい方が、ダイエットの効用が大きいのかもしれません。

 

 

 

また仮に、現在の体重が60kgの人が二人いても、その効用は異なります。

 

61kgから60kgになった

120kgから60kgになった

同じ60kgですが、明らかに両者の効用は異なります。

 

つまり、以前の体重の状態が効用に影響を及ぼすのですね。

 

 

 

ここで大切なのは、これがお金や幸せであっても、同様の影響を生むのではないか、ということです。

 

同じ1万円であっても、お金持ちの方が、幸せを感じません。

 

同じ1万円でも、貧しい方が、幸せを感じます。

 

つまり、お金で幸せなのは、お金持ちではなく、皮肉なことに、貧しい方になるのかもしれません。

 

 

 

幸せではどうでしょうか。

 

生まれつき恵まれている人が、少し幸せに出会ったとします。この場合は、あまり幸せを感じられません。

 

今度はそこそこ不幸な人が、少し幸せに出会ったとします。この場合は、とても幸せを感じられます。たぶん。もしかしたら。

 

(一般的に、極貧や極度の不幸な状態では、コルチゾールという物質が脳内に多くなり、幸せを感じにくくなったり、建設的な考え方ができなくなったり、短絡的な思考にいたり安くなったりすることが知られているので、極度に不幸な人には、少しの幸せでも大きな効用は得られないかもしれません。また、筆者にも極貧・極度に不幸の状態がありましたので、いまから思えば「なるほど確かに、少しの幸せで大きな幸せどころではなかった」と思うことがあります)

 

まあ、ここは人によりけりだと思いますが、同じような結果になる人が多いのかもしれません。

 

この場合も、幸せを感じやすいのは、幸せな人ではなく、そこそこ不幸な人かもしれません。

 

もう少し言えば、生まれつき苦労をせずに幸せな人(そんな人いないと思いますが)よりも、苦労をしてから幸せになった人の方が、より人生全体においては、幸せを感じやすいのかもしれません。

 

つまり、いまそこそこ不幸な人、幸せでない人の方が、大きな幸せに近いところにいるのかもしれませんね。

 

 

 

また、仮に100という幸せの数値があっても、ある人には100以上の幸せに感じます。

 

またある人にとっては100以下の幸せに感じます。

 

一人の人間にとっても異なります。

 

今日100の幸せで満足しています。

 

でも未来においては、100の幸せでも、満足したり、しなかったりします。

 

じつに人は不思議です。

 

 

 

それでは一体、人にとっての効用とは?

 

お金持ちとは? 幸せとは? いったい何なのでしょうか。

 

それではまた。

関連記事

  1. 広島 投資セミナー 無料か有料か

  2. 雑記。リスクと効用。

  3. 不動産の投資セミナーへ行く前に読んでほしい話

  4. 株式投資の初心者が読むべき本は

  5. 初心者向けの資産運用の種類を比較

    広島【投資セミナー】よくあるご質問 未経験・初心者からでも安…

  6. 金融教育研究所

    投資の個別相談 お得な使い方の一例

最近の記事

  1. 資産運用 広島

月別投稿記事

PAGE TOP