株式投資初心者用の【5つの勝利の方程式】を分かりやすく解説

資産運用

株式の投資指標を一通り学んでみましょう。

金育研究所は設立以来、金融商品・保険商品の販売・勧誘・斡旋はしていません。

合理的な長期分散投資と金融リテラシーの普及・啓もうに尽力しています。

本記事は、個別の株式投資を推奨するものではありません。

お金の知識教育(金育)の一環として記すものです。

 

本日の内容

本日は、株式の投資指標を5種類紹介します。

  1. PER
  2. PBR
  3. ROE
  4. 配当利回り
  5. 配当性向

 

一体どのようなものでしょうか?

 

順を追って、見てみましょう。

株式投資必勝法

知らなきゃ損する? 株式投資の「ものさし」

個別の株式投資(例えば、トヨタ自動車とか、日産自動車などの銘柄)

を行うには、

市場全体の流れを把握することも重要です。

 

と、同時に、個別の株式自体の

  • 良し
  • 悪し

を判断することが重要です・・・。

 

ということが、投資の本や

(ファイナンシャルプランナーの教科書にも)

当たり前のように書かれていますが、

本当でしょうか?

 

もし、これが本当なら、誰でもカンタンに

  • 良い銘柄
  • 掘り出し物の銘柄

なるものを発掘でき、

あっという間にお金持ちになれそうですが・・・?

初心者向けの資産運用の種類を比較

結論 それほど役に立たない

結論を先に言いますと、

これだけを(投資指標だけを)理解しても

あなただけが大儲けをすることはむつかしいです。

 

そりゃそうですよね。

 

これだけでお金持ちになれるのなら、

誰でもお金持ちになれます。

 

これらに相当する銘柄を買っても、

やっぱり損をしたり、得をしたりするものです。

 

この5つの投資指標を含めて、ちまたに出回っている

必勝法などは、実は存在しません。

 

うまい話にはご注意ください。

 

では、その前提を踏まえて、5つの指標を見てみましょう。

貯金をするなら自動積立低収入の主婦でもできる

①PER(株価収益率)

これはピーイーアールと読みます。

正式にはPrice Earning  Ratioです。

 

日本語にすると、株価収益率です。

 

これは、株価が一株当たりの純利益の何倍になっているのかを見る

ものさしです。

 

ポイントは、企業の収益力を計っているところです。

 

見方としては、

  • 同業他社と比較して
  • 過去と比較して
  • PERが高いと株価は割高だと判断
  • PERが低いと株価は割安だと判断

という内容です。

 

計算式は、PER(倍)=株価÷一株当たり純利益

 

②PBR

こちらは、株価純資産倍率です。

 

中身は、株価が一株当たりの純資産の何倍まで買われているかを

計るものさしです。

 

やっぱり割安なものを探すときに多く使われます。

 

見方としては、

  • 同業他社と比較して
  • 過去と比較して
  • PBRが高いと株価は割高だと判断
  • PBRが低いと株価は割安だと判断

 

初心者向け

③ROE

こちらは、自己資本利益率です。

 

自己資本を使って、どのくらいの利益を上げたのか?

を計るものさしですね。

 

高いほど、その企業の収益率が高くて好評価されます。

 

つまり、投資価値が高い、と言えます。

 

④配当利回り

こちらは、投資金額に対する配当金の割合です。

 

一株当たりの配当金を株価で割って求めます。

 

ただ、こちらは、

  • 高いから良いわけでも
  • 低いから悪いわけでもない

点に注意が必要です。

 

配当利回りが高いと、利益を企業内の成長に回していないとも取れますし、

低いと、企業内の成長に回している、とも取れますね。

証券 株式投資

⑤配当性向

こちらは、利益のうち、どれくらいを配当に

振り向けたかを見る投資尺度です。

 

こちらも、上記同様、

  • 低いから悪い
  • 高いから良い

とは一概には言えません。

 

ただ、傾向としては、

  • 業績が良いと高い傾向
  • 業績が悪いと低い傾向

にあるのが一般的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

代表的な5つの投資指標を見ました。

 

繰り返しますが、これらを

マスターしても、

あなたが投資でうまく行くとは限りません。

 

これだけでうまく行くのなら、

誰でもお金持ちですね。

 

まず、未経験者・初心者の方に知っておいてもらいたいのが、

(じつは)秘密の必勝法がない! 

ということです。

 

(※裏を返せば、そこを理解するのが正解への近道なのですが・・・)

 

本や雑誌、新聞などにも

普通に載っている投資指標ですが、

それだけではうまくいきませんので、

くれぐれもご注意ください。

 

 

 

◆お礼とお知らせ

Amazonランキング

拙著 入門お金持ち生活のつくり方(こう書房)

が、Amazonさんの電子書籍ランキングで

人生論・教訓・自己啓発・倫理学・道徳部門で1位となりました。

 

1/28から本日までで21日間連続となりました。

 

関係者・読者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

 

ポリシー

金育研究所は設立以来、

金融商品・保険商品の販売・勧誘・斡旋はしていません。

資産運用セミナー

常に中立・公正な立場から、

合理的な金融リテラシーの普及・啓もうを行っています。

 

お金と投資の知識教育(金育)は、およそすべての人にとって

必要なものですが、

残念ながら、現在の義務教育のカリキュラムには入っていません。

 

しかし、知らないと困るのは生活者自身です。

 

実際に個別相談業務を行っていますと、

多くの方が、投資に対して

  • 困った勘違い
  • 勿体無い行為

を行っています。

 

長期分散投資であっても、

多くの方が、勘違いをして、そんな行動をしているのが現状です。

 

合理的な金融リテラシーが普及すれば、

結果として、社会が少し明るくなるのではないか? と考え、

いつも行動しています。

 

小さな事務所ですので、

大したことはできませんが、

これからもコツコツと金融リテラシーの普及・啓もうに努めてまいります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

金育研究所

金育研究所メニュー

トップ

投資セミナー

個別相談

ご挨拶

書籍&メディア情報

よくある質問

アクセス

個別相談 料金

PAGE TOP