期待リターンの分散をプラスに収れんさせるには、サイコロを多く振ること

長期分散投資とは、サイコロを何回も振ることを意味するのかもしれない

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

しばしば資産形成の世界では、長期分散投資が重要、ということが話題に上ります。

なぜでしょうか?

 

長期投資をすると、結果がプラスに収れんしやすい

それは、過去の値動きを見てみると、20年以上などの長期にわたり、株式を保有していると、リターン(収益)がプラス(例えば年率平均にならして、5%程度など)に収れんしやすい、という特徴があるからです。

 

これは結構良く知られています。

しかし、しかしです。なぜそうなのでしょうか?

 

リスク(市場リスク)こそがリターンを生む存在

いくつか理由が考えられ、挙げられます。

  1. 株式・債券は生産に参加しているリスク資産なので、経済成長に伴い、長期ではプラスになりやすい
  2. リスク資産は、リスクがあるから。リスクこそがリターンを生む存在だから

これも良く知られています。

資産形成の本にはたいてい書いてあります。

 

統計的に有利になるからかもしれない

他には理由がないのでしょうか?

統計的に考えた場合に、長期保有するとリターンがプラスに収れんする理由があるのかもしれません。

 

例えば、株式のように独立して動く、いわゆるランダム・ウォーカー存在は、過去のデータをいくら見ても、未来を予測できません。

未来のニュースに反応する存在だから、過去は関係ないからです。

また、未来のニュースで、すでに分かっていることは、すでに株価に織り込まれています。

そのため、未来の株価を左右するのは、株価に織り込まれていない、誰も知らないニュースです。

 

サプライズニュースは誰も知らないから、未来の株価はわからない

しかし、誰も知らない未来のニュースは、誰も知らないのですから、未来の株価の正確な値動きを誰にも予測できません。

ではなぜ、ランダム・ウォーカーなのに、統計的に見ると、長期保有するとリターンがプラスに収れんするのでしょうか?

それが統計の考え方にヒントがあるのかもしれません。

例えば、ランダムな事象のサンプルを多数集めると、そのデータは釣り鐘型になります。

グラフが釣り鐘型になります。

いわゆる正規分布のグラフです。

真ん中が最も確率密度の高い、「平均値」です。

株式投資などでは、期待リターンと呼ばれます。

 

つまり、ランダム・ウォーカーな事象を集めると、平均を中心に、振れ幅が分かることになります。

そのリターンの振れ幅をリスクといいます。

そして、その平均値がプラスになっていれば、長期的にみて、結果がプラスに収れんしやすい、ということになると思われます。

 

サイコロを連続で投げて、平均値を出すゲームがわかりやすいと思います。

サイコロをたくさん振って、サンプルを増やす。振る回数を増やすほどに、統計的に平均値の確率に近づきます。

では、投資の場合は?

やはり、サイコロをたくさん振ることが重要です。

投資の場合のサイコロをたくさん振る、とは?

  • 一度にたくさんの銘柄を買う?
  • 一度にたくさんの金額で買う?

私は上記は、サイコロを一度(1セット)振るだけにしかならない、と思います。

では、サイコロをたくさん振り、統計的に有利にするためには?

  • 長期間、保有する

ということになると思います。

例えば、一か月がサイコロを1セット振るということです。

1セットの連続振りでは、結果がランダムです。

サイコロもランダム・ウォーカーなので当然です。

しかし、数十回、数百回と振る(長期保有・長期投資)と、結果が平均値(プラス)に収れんされていきます。

 

というわけで、長期分散投資が良い理由の一つは、長期投資をすると、結果が平均値(期待リターン)に収れんしやすいから、という理由もあるのかもしれません。

それではまた。

関連記事

  1. 株式市場が効率的だとどうなる?

  2. 分離定理から考えると、個人の投資はとてもシンプルになる

  3. 投資家の期待効用を見つける無差別曲線とは

  4. CAPMとはなんのこと? (読み方はキャップエム)

  5. 国際分散投資のメリット

  6. 現代ポートフォリオ理論とは? 誰が作ったの?

最近の記事

  1. 資産運用講演佐々木裕平

月別投稿記事

PAGE TOP