小説の奥深さと楽しさ 一言ブログ2022年6月14日

こんにちは。金融教育研究所の佐々木裕平です。

筆者は仕事を通して、本を書いています。

通常の解説文章から、対話形式の文章も書きます。

最近では小説形式でお金の話を書くことも多くなりました。

それで、書いていて思いました。

「あれ? 小説形式って、すごく楽しいぞ!」

これは大発見でした。

同時に驚きでした。

「私って小説を書くのが、とっても好きだったんだ!」

という私にとっては驚愕の事実が明らかになったからです。

私はお金の勉強をするのが大・大・大好きなのです。

どうやらそれと同じくらい、小説なるものを書くのも好きなようです。

42歳にして、新しい大発見があって、とてもうれしいです。

それではまた。

関連記事

  1. 備忘録:佐々木裕平のプロフィール写真の変遷

  2. 2024年も株式市場はランダムウォークする。だからほったらか…

  3. 雑記:社会貢献活動と仕事とお金について

  4. 77回目の夏:一言ブログ:2022/08/06

  5. 2023年もありがとうございました。来年で12年目。変化しな…

  6. 奨学金制度で知っておきたい注意点 奨学金は受験や入学の費用に…

PAGE TOP