ファイナンシャルプランナーとしての想い

広島で【初心者向けの投資セミナー】をする7つのワケ

広島のファイナンシャルプランナー 佐々木裕平 FP事務所

広島でも、正しい投資の知識を学べます

地方の格差って結構大きいです。

私はむかし、転勤族でした(会社員時代)。

九州・中国地方・東京と6回ほど引っ越しました。

 

その時に感じたことの一つに、

地域で受けられる「コト」に格差があることでした

コトというのは、「何か楽しいこと」などのコトです。

 

投資情報にも地域差はある

モノに関しては、物流が進んで、地域格差はさほどないのですが、

コトに関してはかなり差があります。

人口の少ないところでは、コトを積極的に展開する人が集まりにくいのです。

 

では、投資ではどうでしょうか?

じつは、投資の情報に関しても地域差はかなりあるのです

 

東証はかなりスゴイ

一番有利なのはやはり東京です。

有料・無料を問わず、情報があふれています。

特に、東京証券取引所のセミナーは無料でも内容が充実しています。

うらやましい(*‘ω‘ *)。

東京にお住いの方は、東証のイベントをチェックしてみてください。

 

地方は売り手のイベントばかり

地方でも無料の投資イベントはありますが

十中八九「売り手」のセミナー・イベントです。

 

もちろん、この情報も大切ですが「売り手でない」側の情報が不足しています。

そこで私はインデックス投資のアドバイザーの傍ら、

初心者向けの投資セミナーを行って、金融リテラシーの普及・啓蒙活動に尽力しています。

(※もちろん何も販売しません)

その中でも、次の7点を伝えるようにしています。

 

①売り手の意見を鵜呑みにしない

これは重要です。

銀行や郵便局の投資相談なら、正解しか言わない、と思っている人がいます。

でも、そんなことはありません。

 

世の中には、郵便局や銀行で取り扱っている投資信託意外にも

有利な投資信託があります。

ですが、銀行や郵便局のラインナップには、まず入っていません。

 

それは、売り手がひどいのではありません。

相手をはなから信じ込んで、

自分で他の情報をシャットダウンしている自分が悪いのです

 

②リスクとリターンの関係を知ってください

できるだけ損をしたくない・・・という気持ちは分かります。

ですが、リスクとリターンはおおむね比例します。

 

損をするリスクを負わないと、利益は得られないのです。

いえ、利益が得られないことだってあります。

元本保証でとても有利な金融商品はありません

怖いですが、目をそらしてはいけません。

 

③投資の前に、家計の充実を優先する

貯金がゼロなのに投資をしようとしてはいませんか?

確かに、積み立てタイプなら貯金0からでもできます。

 

ですが、それよりもまず家計の改善を先にしましょう。

家計の充実・貯金は投資の土台だからです。

 

④金融取引の基本を伝える

金融取引の基本(これは①とかぶりますが)

それは「相手&情報を疑うこと」です。

 

いつでも、どんな時でも相手と情報を疑ってください。

もちろん、私も(笑)。

 

⑤合理的な資産運用の基本を理解して

どの種類の投資にも、

合理的なある共通点があります。

それは、長期・分散です。

 

どの投資でも、です。

真の意味での長期・分散をりかいしましょう。

 

⑥どれか一つに傾倒しない

意外に思われるかもしれませんが、

投資にも向き不向き があります。

マラソンが得意な人がいれば、短距離が得意な人がいるように、です。

 

私はファイナンシャルプランナーですが(国家資格1級)

不動産投資は苦手です(笑)。

難しくて、上手く行きません。

ですが、不動産業界で働く人なら、上手く行きやすいです。

 

反対に、私はインデックス投資が得意です。

このように、人によって、得意な投資スタイルが違って当然なのです。

ですから、セミナーでは、様々な投資について言及するようにしています。

 

⑦老後の資金の重要性を理解する

一般的に、会社員の場合55歳から年収が下がり始めます

60歳や、65歳ではありません。

55歳からです。

 

年収が下がることを意識して

資産形成・貯金・住宅ローン・(定年後の)再就職を考えないといけません。

人によっては、想像を超える事態に陥りかねません。

 

※このように不安をあおって金融・保険商品を売るところもありますが、

事実でもあります。老後のために資産形成は、必要だと考えてください。

 

まとめ

  • 正しい情報を見抜く力を手に入れましょう

コメントを残す

*