お金がない時の対処法を学ぶより、解決方法を学びませんか

お金と投資の漠然とした不安を「なるほど!」に。

金融教育研究所では、お金の知識教育(金融リテラシー)の

普及・啓もう活動を行っています。

こどものころは、お金に対して大きな不安はなかったのに、

賢い大人になればなるほど、

「このままで良いのだろうか」

「何かした方が良いのでは」

と不安になることがあります。

不安を利用した商法にご注意ください。

お金や投資に対して、不安を抱くことは、別に悪いことではないと思います。

何も不安に感じずに、

  • 老後にお金が足らない
  • こどもの学資が足らない
  • 貯金をしていない

などをほったらかしにしておくと、

人によっては、困ることがあるからです。

ただ、世の中はお金の世界でもあります。

当然ながら、人の不安を煽って、

余計な金融・保険商品を勧めてくることもあるでしょう。

不安な時こそ、判断・行動しない

将来に対して、不安になると、

「何かしないといけない」

気がします。

でも、そういう時に売り手に相談に行くと、

  • カモがネギを背負ってやってきた状態

だと言えます。

また、不安な時は、冷静に比較分析できない状態であることが一般的です。

不安な時は、

  • 何が不安なのか
  • そのためにはどうしたら合理的なのか

を考えることではないでしょうか。

資産運用

不安の正体と、その対処方法を理論的に学びませんか?

金融教育研究所では、

定期的にお金と投資のセミナーを開催しています。

金融・保険商品の販売・勧誘・斡旋は一切行っていません。

入会金などもありません。

いつでも、どこからでも、セミナーは受講できます。

料金表に明示してある料金以外は発生しません。

「安すぎて逆に怖い」

というお声もいただきます。

※一般的ないわゆる「投資の学校」では、

総額で20万円程度かかることがあるためかと思います。

ただ、金融教育研究所の本旨は、

「お金の知識教育を通じて、社会を明るくすること」です。

20年先の将来を目指して

金融教育研究所では、お金の知識教育がこれからの時代、

とても大切になると考えています。

また、本来は、学校などの教育機関で行うべきですが、

現状ではそれが整っていません。

(※金融教育研究所では、すべての人が金融リテラシーを安価に

学べる社会を目指しています)

金融リテラシーが普及すれば、

社会は今より、少し明るくなるはず。

そう考えて行動しています。

どうぞお気軽にご利用ください。

関連記事

  1. 一番身近な資産形成の基本|預貯金の安全性

  2. 中国新聞 佐々木裕平 ファイナンシャルプランナー

    お金の学校1 72で割りましょう!複利効果でお金持ち?

  3. 福沢諭吉

    オフショア投資・地域の意味とは?おすすめ?デメリットは?

  4. 【公的年金はいくらもらえるの?】厚生労働省の年金財政検証8/…

  5. 夏目漱石 牛のように

    退職金が1000万円あったら資産運用する?しない?比較 

  6. 2019年の年金受取額(夫婦平均)が減る?

最近の記事

  1. 資産運用 広島

月別投稿記事

PAGE TOP