雑記。独り言 コロナショックはひと段落?

2020/07/16の独り言

梅雨も終わりかけになり、だいぶ熱くなってきました。

さて、今年の3月くらいに猛威を振るいましたコロナショックの影響は、少しずつ回復してきているように感じます。

もちろんこれは、金融の世界のお話です。

現実世界では、依然として、うなぎのぼりに世界の感染者数は増えています。

経済活動も依然として本調子になっていません。

しかし、それでも世界全体で見た場合は、徐々に、普段の株価に戻りつつあります。

また、物によっては、すでに今年の頭の株価を超えているものもあります。

なぜ、このように現実経済と乖離して回復しているのでしょうか?

 

その理由の一つは、大規模な金融緩和にあるのかもしれません。

どういうことか?

それは、世界中の中央銀行が、今回のコロナショックに対して、手厚い対策を取っているからです。

早い話が、世界中にお金が余っています。

そして、そのお金を実体経済に、回すことも、現段階ではそんなにできません。

では、余っているお金はどこに向かうのか?

その一つが、株式市場なのかもしれません。

世界のコロナウィルス感染者数が増え続けていても、経済が低迷していても、株価が上がる理由はこの辺にあるのかもしれません。

もしかすると、いま、そしてこれから先は、少しの間、コロナウィルスによる小さなバブルが世界中で生まれるのかもしれません。

もっとも、市場がおおむね効率的であるならば、やがてそれらは適正株価に、良かれ悪かれ、訂正されていくことになるとは思いますが。

それではまた。

関連記事

  1. 資産運用おすすめ本

    資産運用をしようかどうか、迷った時におすすめの本です

  2. 初心者向けの株式投資の勉強

    日本の金融教育の重要性を痛感しています

  3. 佐々木裕平

    文響社様・学研プラス様からの書籍発売延期のお知らせ

  4. 【学研】様より新刊発売予定のお知らせ【2020年春】

  5. 口コミ

    東京海上日動あんしん生命のマネコミ!に記事が掲載されました

  6. 資産運用

    広島でファイナンシャルプランナーをお探しなら|資産運用はじめ…

最近の記事

  1. 資産運用相談

月別投稿記事

PAGE TOP