【3年と半年経過】スタンディングパソコンを進化させて、ウォーキングパソコンへ【健康管理アドバイス】も資産運用のうち?w7

low angle view of woman relaxing on beach against blue sky

 

こんにちは。金融機関から販売マージンなどを受け取っていない中立的なアドバイザーとして講演執筆活動をする佐々木裕平です。

ブログを振り返ると、2020年の11月から、スタンディングパソコンを始めました。

平たく言うと、座って仕事をせずに、立って仕事をするわけですね。

で、3年と半年が経過しました。

そして1年前からは、ウオーキングパソコンを始めました。

ステッパーとは、少し違い、その場でウオーキングができるタイプの器具を使って、歩きながら仕事をします。

当初は、すぐに足腰が痛くなったり、筋肉痛になったりしました。

でも、継続は力なり、です。

いまでは割とへっちゃらになりました。

むしろ、座って仕事をする方が調子が悪くなります。

腰痛、ひざ痛、肩こりもだいぶ改善されました。

で、気が付いたのですが、一日のうちに座っている時間がだいぶ少なくなりました。

2020年当時 → 一日に座っている時間は、起きている時間が14時間として10時間にも上りました。

仕事を頑張れば頑張るほどに、不健康になっていく仕組みですね。

2024年現在 →  14時間中、座っている時間は、3時間くらいに減りました。

座っている時間は、主に食事をしたり、おやつを食べている時間ですね(笑)。

仕事をするほどに運動時間が増える仕組みに変えられました。

今後も継続していきたいと思います。

以下コマーシャルです。

毎日をもっと楽しくしたい方におすすめの本。

私をケロリと変える 佐々木裕平

【行動経済学のプロスペクト理論がわかれば、思考を変えられる!】
―変えたいのは自分の世界ー
うつうつとした日々に悩み苦しんでいる一人の女性、カエラ。
「私の日常を、もっと明るく、楽しいものに変えたい!」
彼女はひょんなことから、一匹の怪しく、うさんくさいカエル、ケロリに出会う。
「世界を変えることなんて、簡単なことなんやで」
カエラはケロリから与えられる、様々な思考実験に挑戦し、成長していく。
「私の世界は、実に不思議に満ちている。そして単純だ。」
「参照点を動かせれば、自分を変えられる」
「世界は「状態」ではなく、「変化」から生まれる」
「世界は「人によって異なる効用」で成り立っている」
成長したカエラの見つけた答えとはー

―本書の特徴ー
辛いことがあった人ほど前向きになれる仕組み。
本書は、2002年にノーベル経済学賞を受賞した、行動経済学のプロスペクト理論を背景にしています。
現実問題として利用可能なレベルにまでかみ砕いた、誰にでも使える、具体的な手法にまで言及している自己啓発本です。
小説形式・対話形式でスラスラと読めます。
ケロリの言う、損失回避性・参照点・感応度低減性・限界効用・フレーミング効果とは何か。
そしてカエラ自身が編み出した、世界を変える方法とは。
日常生活・ビジネスや心理療法にも使える「自分を変える方法と習慣」が満載。

☆目次一覧
私と謎とカエル
レッスン1 バケツの水の謎
レッスン2 ステキなステーキ
レッスン3 効用の話を聞こうよう
レッスン4 カエルンルーン♪
減っていくモヤモヤ
レッスン5 大きな自分と小さな他人
レッスン6 イヤよイヤイヤ、ソンがイヤ
レッスン7 ウホウホからの脱出
レッスン8 もっと悪いバケツ
レッスン9 もっと良いバケツ
レッスン10 お金がない人の方が安く買えるものって、なーんだ?
レッスン11 増えるほどに増えないもの
レッスン12 ワクワクする「枠」
バイバイ、モヤモヤ
レッスン13 答えはアイツが知っている
釈放
レッスン14 世界を下から眺めてみれば
世界をケロリと変える

 

読者の方からの評価がとても高い本です。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. FPの先生! 小学生の私でもわかるように、お金の増やしかた教えてえや佐々木裕平

    本日発売!資産形成におすすめの本

  2. 佐々木裕平のお金の学校

    【動画】お金の教養講座(3時間版)3時間目:福利厚生を目的と…

  3. 広島投資セミナー

    投資セミナー【広島】が面白いです

  4. 備忘録:読書感想「5秒後に意外な結末」:一言ブログ:2022…

  5. 渋沢栄一の論語・人生・経営 渋沢百訓:読書感想:2022/0…

  6. 貧困を減らすには、労働者+「資産家」に誰もがなることが重要 …

PAGE TOP