資産運用裏話

個人年金保険とは? 元本保証で投資よりおすすめなの?

資産運用

一般的な個人年金の利回りは年0.2%程度

2017年7月8日付けの日本経済新聞の報道によりますと

一般的な個人年金の複利の利回りは0.2%程度です。

 

これってお得なのでしょうか?

それとも、確定拠出年金やつみたてニーサなどを利用した方がお得なのでしょうか?

 

個人年金とは?

個人年金とは、民間の保険会社が行う個人対象の年金のことです。

たとえば、35歳から60歳まで毎月1万5千円を支払い、

65歳から10年間で、474万円を受け取るようにする仕組みです。

 

上記の場合は、450万円支払ったので、24万円した計算ですが・・・

支払期間25年で、受け取り終わるまでに開始から35年間かかったのに、これはかなり低い数字です。

 

複利で0.2%ってお得なの?

正直言って、複利の利回りが0.2%というのは、かなり低いです。

ちなみに複利とは、増えたお金にさらに利子がついて、雪だるま式にお金が大きくなる状態です。

 

0.2%というのは、マイナス金利政策の影響で、国債などの利回りが下がっているためです。

マイナス金利時代の影響が大きいのですね。

元本保証で運用しようとすると、現代では大変に低い利回りになってしまいます。

 

ちなみに0.2%の複利で元本を2倍にしようとすると、360年かかります・・・。

 

公的年金とは?

ちなみに公的年金とは、

厚生年金や国民年金などの、およそすべての人が加入が義務付けられている制度です。

 

従来は、これだけでもかなり安定した老後が送れる可能性があったのですが、

少子高齢化で、今の現役世代が老後を迎える時には、かなり厳しい現実が待っている可能性が高いのです。

 

そこで政府が打ち出しているのが

  • 確定拠出年金
  • つみたてニーサ

などの自助努力による資産運用です。

 

確定拠出年金やつみたてニーサの利回りは何%?

確定拠出年金やつみたてニーサで資産運用をすると、

その運用成績は決まっていません

 

その人の投資の仕方、または世界経済次第で

大きくプラスになったり、大きくマイナスになったりする可能性があるのです。

 

そのため、〇%の運用成績が見込めます! とは断言できません

 

ただ、1990年から2017年11月までの期間に

世界の株式と債券につみたて投資(複利で配当は再投資)をしていたら、

平均利回りが6%だった、というデータがあります。

(2017年10月14日日本経済新聞 参考)

 

これは過去の話なので、確定している事実です。

(※ご注意 未来を保障する数字ではありません!)

 

リーマンショックなどの大きくマイナスになる年を含めても

このような数字が出たのですね。

(ちなみに確定拠出年金の機構HPのシミュレーションでは1~5%までの利回りでシミュレーションできるようになっています)

 

利回り6%だと何年で2倍になる?

利回り6%の場合、複利で元本を2倍にするには

12年かかります。

 

冒頭の民間の個人年金が360年だったのに対して、

348年ほど短い期間で倍になるのですね。

 

あなたはどちらが良いと思いますか?

どうして政府は、確定拠出年金やつみたてニーサのなかに

個人年金保険商品を入れずに、

インデックスタイプの投資信託を中心にしているのだと思いますか?

(もっと言えば、個別の株式投資や、ファンドラップや、ロボアドバイザーが入っていないのはなぜでしょうか?)

 

投資をしている世帯は何%?

総務省の家計調査によると30代世帯中で有価証券で運用(つまり投資)を

しているのは6%でした。

40台で9%

50台で13%です。

 

若い人は投資をしないのですね。

でも、投資では複利効果を最大に生かすのが重要です。

そのためには、どうしたらいいと思いますか?

 

答えは一つ。

1年でも早く、若いうちに投資を行うことなのです。

もう、仕組み(確定拠出年金やつみたてニーサ)はできています。

あなたは利用しますか?

しませんか?

 

それとも、投資が怖いから個人年金保険にしますか?

あなたの未来を決めるのは、今の時代、あなた自身なのではないでしょうか。

 

確定拠出年金やつみたてニーサはインデックス投資ができます。

まず押さえておきたいのが、この2種類です。

  • つみたてニーサ
  • 確定拠出年金

非課税の分だけ、複利効果をより一層高められます。

 

税金はコストとしてとらえると、非常に邪魔な存在なのです。

インデックス投資は、一攫千金の投資ではなく、着実な資産形成に向いています。

(投資ですから、損をする可能性があります。常にプラスになる投資は、預貯金などを除いてありません)

ですから、つみたてニーサの推奨銘柄の9割近くはインデックス投資信託です。

 

インデックス投資は怪しい?

※インデックス投資は、怪しげな投資のことではありません。

世界標準の投資方法です。

 

そして、同じように利益が出たとしても、

投資では、1%のパフォーマンス・コストの差が、

最終的には大きな大きな違いになってきます。

(数百万円以上になることがあります)

 

合理的に資産形成をされたい方は、ぜひどうぞお得な制度をご利用ください。

 

こんな風に誤解していませんか?

よく誤解されますが

  • インデックス投資信託を買えばインデックス投資になると思っている
  • 株式のようにインデックス投資信託売買している
  • リスクとリターンをもとにしたポートフォリオがない

このようなのは、残念ながら「なんちゃってインデックス投資」です。

 

投資の道具が株式からインデックス投資信託に変わっただけなのですね。

 

急がば回れのインデックス投資

金育研究所では、Modern Portfolio Theoryを軸とした

合理的なインデックス投資の基礎から具体的な運用方法までを軸に

投資・資産運用の個別相談にて、ご提案しています。

 

投資をしたことがない人にもわかりやすく解説します。

また、未経験者・初心者に投資の基礎が学べる

投資の入門セミナーも定期的に行っております(有料)。

 

「投資が怖い」

「投資で失敗したくない」

「ハラハラドキドキしたくない」

「一攫千金ではなく、着実に資産を形成したい」

そんな方は、どうぞお気軽にご利用ください。

 

MPTに基づくインデックス投資の特徴
  • 掘り出し物を探す必要がない
  • 値段・値動きがわかりやすい
  • 買い時と売り時に悩むことがない
  • 短期的に売買しない
  • ハラハラドキドキしなくて済む
  • 長期投資・分散投資ができる
  • 「個人の才覚は運用結果と無関係」

 

金育研究所メニュー

トップ

投資セミナー

個別相談

ご挨拶

書籍&メディア情報

よくある質問

アクセス

個別相談 料金