【お金の学校】リスクとリターンの基本

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

リスクとリターンの基本を押さえましょう。

 

はいこんにちは ta 教育研究所の佐々木優平易です
本日のテーマはですねこちらリスクとリターンの処方です
通してはですねよくリスクと期待リターンという言葉が出てきます
今期待リターンと言いましたがリスクリターンのことはですねを期待リターンとして
表されます
何のことだろうって思われるかもしれませんが
すごいざっくばらんにと平均的に期待されるリターン
よく起こりそうな
リターンの中で一番可能性が高いよねっていうところですね
リスクっていうのはですね普通の人からしますと
危ないなぁとかそういうイメージ意味で個浴とられますけども
資産運用の世界ではリスクっていうのは統計的に見て標準偏差っていうのであらわさ
れるんですけども
簡単に言うと珍しいレベルによってですね発生確率がそっと違いますよこのぐらいの
確率でこのくらいのこと怒りますよねっていうのが統計的にわかっているわけですね
それをもとにして
ご自分に合ったですねリスクとリターンを出して資産運用それに則ってや
るっていうのがまあ大事だよねっていうふうに約言われています
今日はですねそんなリスクとリターンの基本について見てみたいと思います
a こちらにですねも the すごい乱暴な頭がありますこれは正しいですねえ
リスクとリターンのズレはありません
直感的にですねわかりやすいかなというのでちょっと出してみました
よくいうリスクっていうのはこの値動きの振れ幅なんですね
9ずではですねコーナー3戦でですね増えたり減ったり増えたり減ったりしています
これがいわゆる
リターンですねね動きですよということですね
ね動きリターンがどこに行くのかわかんないんですけども統計を取ってみるとまぁ1
年間にですね発生
にするね
動きの振れ幅ターっていうのはまぁだいたいこの例えば例えばですけどもこの
ではですね例えばこのぐらいじゃないかな数十年間見て見てだいたいこのぐらいの幅の
触れるんじゃないかなーっていうのがわかるわけですね
これがいわゆるリスクって言います
文字か言いますリスクっていうのは値動きの統計的に見た触れる幅の事を指して言い
ます
じゃ
ビターンて言う
の何かって言うとっ子強化って将来のですねいくらになるかなっていうのがこう見返り
リターンて言うんですけども将来のことはですね
当然ながらわかっていません分かってなくてたとえば今買ってですね
1年後にここになっているかもしれないし
ここになっているかもしれないし下がっているかもしれない
この振れ幅この日ターンの振れ幅こそがリスクなわけですね
リターンの振れ幅がこれがリスクですよ
あったり言い方ですね
触れる幅ですね
触れる幅がリスクですよということですね
ビターンビターンの振れ幅がリスク雑魚の期待リターンというのは何かなーって言い
ますと期待リターンっていうのはこの振れ幅の中でもですね
最も確率密度が高いところのところを期待リターンと言います
何回も何回もですね資産運用何年も何年もやっているとその例えば株式なら株式の期待
リターン
だいたい56%と言われています
無リスク近隣
ざっくりと銀行預金の金利+56%くらい儲かるよねっていうのが株好きなどの期待
リターンと言われています
この雑な頭をですねもうちょっとシンプルにしますこれを見てみますと
こういう感じになるわけですね
1年間で考えた場合ですねタブ例えばですね全世界の株式などに分散と使用しますと
いわゆるリスク値動きの振り幅がキュッとちっちゃくなるわけですね
でも期待位ターンは変わらない効率が良い資産運用になり
近づきますので分散投資をした場合で見てみます
全世界株式とかを例えばですねきょうかいますと
珍しいレベル11標準偏差っていいものが場合で
例えばですね上に20%触れるんじゃないかなぁ
下にも20%マイナスになるんじゃないかなというふうに考えられています
中心となりますのはこの買った時の値段が中心ではなくてですね
大ディターンと呼ばれる
一番平均的によくわかるよねいうの中心に
20分上にも20パー下にも20パーフリれますよということですね
さっき見たように来たりたが5パーだとしますと五+五中で1年後にその全世界株式が
ですね
25%
上がっているかもしれないし5-20でですね
-15%価格が下がっている可能性がですね
1標準偏差という世界
ではだいたい7割ぐらいの
1年が100頭であるとしたらだいたい7割くらいはこの範囲で治るんじゃないかなぁ
というのが統計的にわかるわけですね
まリスクとリターンのですねー今日の処方的なイメージのまとめで言いますと
リスクっていうのは値動きの触れる幅のことを指しています
そのリスクっていうのはリターンからできているわけですねリターンの触れる幅の統計
的見た振れ幅のことをリスクって言います
でじゃあ今度期待リターンて何かなっていうとその利息のですね触れる幅
可能性の中でも一番よく起こりやすいんじゃないかなという確率3つのがこういい
ところのことを期待リター
言います
今日の話はここまでです
いう教育やですね資産運用の相談や公園
ございましたらですねええ
是非こちらんずこちらのですね金融教育研究者の研究者でですね検索をしてみて
ください
最後までご視聴頂きましてありがとうございました

関連記事

  1. お金持ちなったら幸せになれる?・小学生・授業・金融教育・第1…

  2. 6つの思考実験でわかる!お金の常識・非常識!第14回お金の授…

  3. 自己紹介動画:佐々木裕平ってどんな人?

  4. 株式投資と投資信託の基本をわかりやすく解説・初心者・第12回…

  5. 行動経済学・一例・プロスペクト理論・投資

    動画【お金の学校】行動経済学のプロスペクト理論と損失回避性を…

  6. 老後に2000万円必要って本当?・お金の授業・資産運用・第9…

PAGE TOP