貯金の仕方【低収入でも】

20代夫婦の貯金の仕方 平均貯蓄額を超える方法

夏目漱石 牛のように

20歳から40歳までに500万円以上を貯める方法

(´・ω・`)

「貯金がなかなかうまくできない」

「貯めても、つい使ってしまって、貯金がない」

そんな人でも大丈夫です。

 

ポイントはこちら(^◇^)。

  • 貯めなきゃストレスをゼロにする
  • イデコ・DCで貯金をガッチリガード
  • 40歳までに500万円以上貯める!

 

40歳未満世帯の平均貯蓄額は500万円

順を追って見ていきましょう。

総務省統計局の2016年版によると

40歳未満の世帯の平均貯蓄額はおよそ500万円です。

(20代・30代の個別データはなし)

 

ちなみに、全世帯で貯蓄がゼロの世帯は全体の3割に上ります。

つまり、100件おうちがあったら、30件は貯金がゼロなのです。

これでは、将来が不安定ですので、できるだけ計画的に貯金をした方が安全です。

 

目標は20年間で500万円

ここでは、とりあえず平均の500万円を目標にしましょう。

仮にいま、20歳の人がいるとすると

  • 毎年25万円貯められたら達成可能
  • 毎月ではおよそ2万1千円で達成可能

いかがですか?

 

かなり現実的な数字が見えてきました。

 

夫婦二人で500万円貯めると早い!

一つの方法として、夫婦二人で貯金を進める

という方法が考えられます。

現在は20代の平均年収が300万円程度であり

「貯金するのが大変!」

という声があるのも事実です。

 

そこで、夫婦二人で貯めれば良いのです。

「まだ結婚してないのだけど」

「相手がまだいないけど」

それでもかまいません。

 

結婚してから貯めるのでは遅いのです。

結婚する前、相手に出会う前から、お互いが将来のために貯めておけばいいのです

そうすると、理論上は先ほどの数字が半分で達成できます。

 

夫婦二人で貯める場合

  • 毎年12.5万円貯められたら達成可能
  • 毎月ではおよそ1万500円で達成可能

 

いかがですか?

 

これなら、できそうではないでしょうか。

ポイントは

  • 結婚してからでは遅い
  • 結婚してから貯めると、毎月の貯金額が高額になり、生活が苦しくなる

ということです。

せっかく一人から二人になるのですから、貯金の苦労も半分にすればいいのです。

 

余裕のある人は、40歳までに1000万円を目標に

夫婦お互いが会社員の場合は、

毎月の目標貯金額を2倍にして、

40歳までに1000万円を貯めることを目標にすると良いでしょう。

 

もちろん、そのままのペースで60歳までに2000万円を貯められれば

老後の安心感が増します。

 

先に貯めるとストレスなく貯まる

「そうは言っても毎月節約して貯めるのはストレスが溜まる・・・」

その通りです。

貯蓄方法から見直しましょう。

 

貯金の基本は、積立貯金です。

銀行でも郵便局でもいいですから、とにかく積立貯金です。

先ほどの金額を、働き始めてから、すぐに貯金に回せばいいのです。

 

途中で使ってしまって大失敗・・・を回避!

(´・ω・`)

「積立をしていたけれど、

急な出費で解約しちゃった」

 

これではせっかくの苦労が水の泡です。

そういう事態を防ぐには、確定拠出年金が有利です。

ポイントは

  • 60歳まで原則、引き出せない
  • 掛け金が所得控除できて、税金人によっては年間8万円くらい お得になる

 

じつは確定拠出年金・イデコがチート

確定拠出年金はイデコとか企業型DCなどとも呼ばれていますが、

内容はみんな同じです。

対象が会社員か、主婦や自営業者か? という違いだけです。

 

ウソみたいですが、掛け金が全額所得控除できますから、

税金がその分お得です。

見方を変えれば、使えるお金が増えるのです。

こんな、一見するとウソのような良い制度があるのです。

ハッキリ言って、使わないと損です。

 

確定拠出年金のメリット

確定拠出年金は良くも悪くも、60歳まで引き出せません。

それが貯金にはいいのです。

強制的に貯まりますから。

 

また、確定拠出年金=投資信託ではありません。

原則・元本確保型の定期預金もあります。

(頻繁に解約をすると元本割れするものもあるようです)

これを上手に使うことで計画的な貯金が誰でもできます。

 

まとめ

  • 夫婦二人の力で貯金をするのが効率的!
  • 若ければ若いほど、毎月の貯蓄額は少なくて良い
  • ウソみたいに有利な制度の名前は確定拠出年金(イデコ・企業型DCとも)