確定拠出年金・イデコ・NISA・つみたてニーサ・ジュニアニーサとは?

確定拠出年金(個人型)イデコとは?おすすめ?その1基本8解説

初心者向けの資産運用の種類を比較

個人型確定拠出年金(通称イデコ:iDeCo)の基礎を解説

金育研究所は、金融リテラシーの普及・啓もうに努めています。

 

今回は、個人型確定拠出年金(通称イデコ:iDeCo)について見てみましょう。

①個人型確定拠出年金(通称イデコ:iDeCo)とは?

個人型確定拠出年金(通称イデコ:iDeCo)は、

厚生労働省管轄の制度です。

 

私的年金の一種であり、

公的年金に上乗せして

老後資金

を作るための制度です。

 

(個人的には、同じ制度なのに、個人型確定拠出年金、イデコ:iDeCoと

複数の呼び名があるのは、かえってややこしい気もしますが)

②イデコって必要?

多くの人にとっては、必要な制度だと考えます。

 

それは、今後は、公的年金制度だけでは、

老後資金が不足する人が多数出ることが予想されるためです。

 

まさに、今のための投資ではなく、

未来のための投資ですね。

③誰が加入できる?

2017年1月から、法改正により

(確定拠出年金法というのがあります)

60歳未満のほぼすべての現役の方が加入できるようになっています。

投資解説 投資信託

④イデコはどうやって行う?

イデコへの加入希望者は、

  1. 利用する金融機関(運営管理機関)を自分で選ぶ
  2. 自分で加入手続きをする
  3. 自分で掛け金を決める
  4. 自分で金融機関が提供する金融商品の中から、商品を選ぶ
  5. 自分でどの商品をどのくらいの割合で買うかを選ぶ

必要があります。

 

上記のように、

自分で判断・行動

をしないといけないのですね。

 

我田引水ではありますが、金育研究所では、

金融商品の選び方、運用方法などのアドバイスもできます。

 

※金育研究所では、個人の資産の管理・運用・指図・意思決定はしておりません。

資産運用全般において言えますが、

「良く分からないから、お任せする」

「任せたら、良い結果になる気がするから、自分で考えない」

誰かに任せるのだけはやめましょう

 

売り手側にとっての、良いお客さん(カモ)になることが通常です。

 

一人ひとりが、賢い投資家として金融リテラシーを身に着け

 自立することが、何より大切だと考えます。

(そのため、本来は、学校などで金融リテラシーを伝えるべきだと思うのですが)

⑤途中で変更できるの?

  • 掛け金の金額変更は可能
  • 購入する金融商品の変更なども可能

⑥つみたてたお金はどうなるの?

基本的に、60歳以降に受け取りできます。

 

受け取り方法の一例

  • 一時金として、まとめて受け取る
  • 年金として、受け取る
  • 一時金と年金受け取りの併用(金融機関による)

 

ただ、受け取れる金額は、

人それぞれで異なります。

 

例えば、1000万円を拠出(積み立てた)場合でも、

  • ほぼ1000万円のままの場合
  • 3000万円以上になっている場合

など、運用状態と、経済の状況などによって、

大きく異なっているのです。

 

ここも、自己責任です。

 

自分の老後のお金を、どうするかは、自分が決めないといけないのです。

⑦イデコのメリットは?その①

税制面で有利です。

 

投資商品での運用における、

その他の元本割れなどのデメリット・リスクは、

通常の投資とまったく変わりません。

 

正しい金融リテラシーが必要です。

 

これも自分で身につけないといけません。

 

税制面では、利益に対して、課税が繰り延べられます。

 

よく、すべての利用者が非課税だと誤解がありますが、

人によっては、受け取り時に、税金が発生することがあります。

 

税金がかかるかどうかは、受け取り方法や、企業などからの

退職金の金額などで変化します。

 

個別具体的な相談は、税理士さんなどと相談し、

お得な受け取り方を検討するのが良いでしょう。

 

※税理士資格などをもたないファイナンシャルプランナーが

 個別具体的な税務相談を受けるのは、(無料であっても)禁止されています。

⑧イデコのメリット その②

掛け金が所得控除の対象になります。

 

ザックリ言いますと、

所得が小さく評価されます。

 

基本的に所得が多い人ほど、

税金が高くなりますので、

イデコを使って、所得が低くなったことになると、

所得税と住民税が安くなるのですね。

 

年末調整などで戻ってきます。

 

 

 

 

 

その他の投資非課税制度との比較まとめ

※下の図表は2018年1月時点の内容です。

今後、法改正などで変更になる可能性があります。

  ニーサ ジュニアニーサ つみたてニーサ イデコ(個人型確定拠出年金)
利用できる人  日本に住む20歳以上の人 日本に住む20歳未満の人   日本に住む20歳以上の人  60歳未満の国民年金または厚生年金保険の被保険者
 運用管理者 本人   親権者等  本人 本人 
 つみたて時税制 所得控除の適用なし   所得控除の適用なし   所得控除の適用なし   全額所得控除
 運用中の非課税 5年間運用益非課税   5年間運用益非課税   20年間運用益非課税   70歳まで運用益非課税 
 払い出し時の税金 課税されない   課税されない   課税されない   元本を含めて原則課税(ただし、退職所得控除または公的年金等控除の対象)
非課税投資枠(年間)  120万円  80万円  40万円   会社員・自営業者などの属性により、14.4万円~81.6万円
 非課税累計投資枠  600万円 400万円  800万円   上限なし 
 投資対象商品 上場株式(ETF/REIT含む)投資信託   上場株式(ETF/REIT含む)投資信託  金融庁指定の投資信託・ETF 定期預金・保険・投資信託 
 新規に投資できる期間 2014年から2013年  2016年から2023年  2018年から2037年   いつでも
投資方法 一括買い付け・つみたて 一括買い付け・つみたて つみたて つみたて
損益通算・繰り越し控除 できない できない できない できない
資産の引き出し いつでも引き出せる 18歳まで引き出せない いつでも引き出せる 原則60歳まで引き出せない
スイッチング・分配金再投資の扱い 新規の購入とみなされ、非課税枠を消化 新規の購入とみなされ、非課税枠を消化 新規の購入とみなされ、非課税枠を消化 制限なし
口座開設手数料・口座管理手数料 無料 無料 無料 口座開設手数料2777円(税込み)

口座管理手数料2004円~7000円程度(金融機関による)

 最低拠出額 制限なし  制限なし  制限なし  月5000円から 
金融機関の変更  年単位で可能  できない  年単位で可能  いつでも可能 
 ほかの制度との併用制限  つみたてニーサとの併用は不可 制限なし  ニーサとの併用不可  制限なし 

 

 

ポリシー

金育研究所は設立以来、

金融商品・保険商品の販売・勧誘・斡旋はしていません。

資産運用セミナー

常に中立・公正な立場から、

合理的な金融リテラシーの普及・啓もうを行っています。

 

お金と投資の知識教育(金育)は、およそすべての人にとって

必要なものですが、

残念ながら、現在の義務教育のカリキュラムには入っていません。

 

多くの方が、勘違いをして、損な行動をしているのが現状です。

 

合理的な金融リテラシーが普及すれば、

結果として、社会が少し明るくなるのではないか? と考え、

行動しています。

 

小さな事務所ですが

これからもコツコツと

金融リテラシーの普及・啓もうに努めてまいります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

金育研究所

金育研究所おすすめメニュー

金育研究所HPトップ

☆☆☆おすすめ投資セミナー☆☆☆

◆お礼とお知らせ

AmazonkindleランキングAmazonkindle本

拙著 入門お金持ち生活のつくり方(こう書房)

の電子書籍版が、

Amazonさんの電子書籍ランキングで

  • 1位 kindle(全体の)売れ筋ランキング
  • 1位 人生論・教訓部門
  • 1位 自己啓発部門
  • 1位 倫理学・道徳部門
  • 1位 人文・思想部門
  • 1位 趣味・実用部門

となりました。

 

おかげさまで2018年2月中、連続1位となりました。

(2018年3月28日現在で、いずれかの部門で59日間連続1位となっています)

関係者・読者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

 

今後も、微力ではありますが、

金融リテラシーの普及・啓もうに努めてまいります。

人気の投稿とページ

最近の投稿