貯金の仕方【低収入でも】

【貯金のコツ】20代編 100万円もお得に貯める方法

福沢諭吉

元本保証なのに100万円も得する方法

↑のタイトルだけ見ると、

元本保証で100万円も得する、だなんてサギかな?」

と思うところです。

(それが正常な反応だと思います)

 

しかし、確定拠出年金を利用すると、

本当に元本保証で100万円得をすることがあります。

 

毎月12000円で547万円貯まった上に、109万円得をする

それではシミュレーションを見てみましょう。

以下は、確定拠出年金のJISさまのHPからのシミュレーション結果を参照しています。

 

条件

  • 企業年金のある会社員
  • 現在22歳
  • 年収:500万円
  • 毎月の拠出額12000円
  • 確定拠出年金の運用方法:元本確保型の貯金
  • 年間節税額:28800円

 

シミュレーション結果(60歳時点)

  • 累計拠出額:547万円
  • 累計節税額:109万円

 

いかがでしょうか。

確定拠出年金の仕組みを使って、貯金をすると、上記条件の場合

毎年28800円ほど所得税が控除されます。

60歳時点で109万円節税効果が期待できます。

 

控除って何?

簡単に言うと、なかったことになります。

たとえば、所得税は収入が高いほど多くとられます。

会社員の場合は、給料が口座に振り込まれる前に、税金が引かれています。

 

ですが、確定拠出年金で貯めたお金は、極端に言うと、収入になかったことになるのです。

つまり、年収が低い状態になります。

すると、その分だけ、所得税が安くなる効果が生まれますね。

つまり、手取り収入が上記条件では28800円増えるのです。

 

銀行預金よりすごいお得

上記条件では、年間144000円貯めています。

それに対して、節税額が28800円なのですから、費用対効果がスゴイですね。

利回りに換算すると、20%相当です。

 

現在の銀行の利回りが0.01%ですから、

年間144000円を預けておいて、増えるのはおよそ14円です。

 

これだけ見ても、貯金のコツが確定拠出年金にあるのは分かりますね。

というか、かなりのチート(ずるい)状態です。

上記条件の場合、極端な言い方をすれば438万円で547万円が貯められるのと同じです。

(もちろん正確な表現ではありません。それをふまえた上でインパクトが伝われば幸いです)

 

確定拠出年金とは

では、そもそも確定拠出年金とは、どのような制度なのでしょうか。

これは、老後の生活に備えて、自分で自分のお金を準備・運用しましょうね、という制度です。

(変にうがった見方をすると、まじめに働いても老後の年金を国が面倒見きれない時代到来、という暗喩かもしれません)

確定拠出年金とイデコ・DC・企業型確定拠出型年金

ちなみに、確定拠出年金内で投資をすることも可能です。

仮に上記条件の人が利回り5%で運用すれば、

60歳時点では、1600万円(おまけに節税額が109万円)になる計算です。

冗談みたいですが、れっきとした年金制度です。

 

せっかくこのような(とても)お得な制度があるのですから、積極的に利用した方が良いのですが、

あまり認知されていないのが現状です。

2017年から、個人型(イデコ)もはじまり、日本のほぼすべての人が加入できるようになりました。

もちろん私(自営業者)も加入しています。

だってお得ですから。

 

自動的に引き落とされるから確実に貯まる

確定拠出年金の良いところは、自動的に引き落とされるところです。

これで、貯め損なったり、うっかり使ってしまうこともありません。

 

最初から無かったお金になるからストレスゼロ

貯金はストレスとの戦いですが、

確定拠出年金なら、不要です。

なぜなら、最初に引かれているからです。

会社員の方で、税金が毎月引かれているから、ストレスがスゴイ!

なんて人はいませんでしょう?

これは、最初から無かったお金になるからです。

 

デメリットは60歳!

もちろんデメリットはあります。

それは60歳になるまで原則引き出せないことです。

 

そのため、子供の学費や住宅の頭金には向きません。

数年先に使う予定のお金は、銀行預金などが良いでしょう。

 

まとめ

  • 貯金のコツは天引き
  • 確定拠出年金で賢く節税