効率的フロンティアとは? マーケット・ポートフォリオがそこにくる

効率的フロンティア上にくるものは、マーケット・ポートフォリオのはず

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー、金融教育研究所の佐々木裕平です。

資産形成においては、とても良いポートフォリオというものがある、ということになっています。

それは、効率的フロンティアと呼ばれる線上の接点にあるポートフォリオである、ということです。

 

なんのことでしょうか。

つまりいいポートフォリオはあるよね。たぶん。ということです。

それは誰が見つけ、作るのでしょうか。

 

効率的フロンティア上の接点ポートフォリオは市場が見つけて作ってくれる

CAPM(キャップエム)と呼ばれる理論では、効率的フロンティア上の接点ポートフォリオは市場が見つけてくれることになっています。

つまり、市場全体の参加者(年金機構とかファンドや機関投資家、個人投資家たち)が膨大な情報収集を行い、それを分析し、それを処理して、すごい計算をしてくれているはず、ということです。

その彼らの英知の結晶こそがマーケット・ポートフォリオということです。

 

効率的フロンティア上の接点ポートフォリオのマーケット・ポートフォリオとはいわゆる市場平均などで代用される

このマーケット・ポートフォリオってなんじゃい! と思うところですが。

つまり、市場の平均、市場全体の値動きみたいなものですね。

これがCAPM(キャップエム)理論の基本的な考え方の根底にあるものです。

それではまた。

 

関連記事

  1. 現代ポートフォリオ理論 効用・期待効用最大化原理・限界効用の…

  2. CAPM(キャップエム)は現実でどんな風に利用されている?

  3. ポートフォリオ効果とは

  4. 投資家の期待効用を見つける無差別曲線とは

  5. 期待リターンとリスクとは何か?

  6. 国際分散投資の恩恵とは

最近の記事

  1. 口コミ

月別投稿記事

PAGE TOP