料金

料金表 投資相談

明瞭な料金設定で安心

 

クービック予約システムから予約する

◇個別相談 価格表◇ (テレビ電話も同額です)
(初回おすすめ)おまかせ! 

インデックス投資 入門コース

実質90分(所要時間約120分)

・6千円(税込み)
(より実践的に)おまかせ!

ポートフォリオ作成

&運用指南コース

実質90分(所要時間約120分)

・6千円(税込み)
・個別相談 

実質90分(所要時間約120分)

・6千円(税込み)
・個別相談

実質60分(所要時間約90分)

・5千円(税込み)
・ご家族の方の同伴

(おひとりまで)

・プラス3千円(税込み)

(60分でも90分でも

どのコースでも同額です)

 

個別相談お支払いの流れ(直接面談型)

①希望のコースをご予約ください

 

②ご相談の前日にメールが自動配信されます(拒否設定や迷惑メールフォルダにご注意ください)

 

③当日、6階へお着きになりましたら050-6865-7914または090-5755-4352までお電話をおかけください。お迎えに参ります。

(※保安上、6階入り口には電子ロックがかかっています)

またはITビル6階のフロア受付モニターに「か」行→「き」→金育研究所の順でタッチ→表示される番号を左のインターホンへ(受話器を上げた状態で)入力してください。直接、お部屋へとご案内いたします。

 

④個別相談を開始します。お気軽に疑問点やお聞きになりたいことをお伝えください。分かりやすく解説いたします。開始前に個人情報を記入していただきますが、終了時にシュレッダーにかけます。個人情報は保持・記録されませんのでご安心ください。

 

④終了後、代金をお支払い下さい。(カード不可)

 

テレビ電話型のお支払いの流れ

①~②は直接面談型と同じです。

 

③当日、こちらからおかけいたしますので、開始時刻5分前には、スカイプ(またはハングアウト)の画面へログインしておいてください。

 

④直接面談型と同じです。

 

⑤終了後、振込先を指定いたしますので、お振込みください。

 

「投資相談」は何分がおススメ?

「質問時間がどのくらい自分に必要かわからない」

そんな方は次のセルフチェックを試してみてください。

 

▢証券会社に口座をつくっていない

▢投資の基本「長期投資」と「分散投資」が良くわからない

▢何を買ったら良いかがわからない

▢株式と投資信託がよくわからない

▢ETF(上場投資信託)を知らない

▢景気循環という言葉の意味を知らない

▢日経平均株価とトピックスが分からない

▢日銀短観を見たことがない

▢世界に投資する方法を知らない

▢いつ売買したらよいかの目安を知らない

 

 

☑が5個以上・・・90分コースがおススメ

☑が4個以下・・・60分コースがおススメ

 

個別相談で確実に元が取れるワケ=あらかじめ決まっている損失を最小限にできるから

投資では、コストを下げるだけで、確実にお金持ちになりやすくなります。

投資では次のことが「確定」してます

  • 投資では未来のことは分からない(だから成長する可能性のある対象を選ぶことが大事)
  • 損得するかは分からない(だから分散投資が重要)
  • そんな投資の中でもコストだけは事前に決定している
  • だったら、コストを下げれば、必ずその分だけ運用成績は上昇する(損失が出る年でも、その分損失が軽減される)

 

そうです。

コストだけは、不確実な投資の世界において、唯一、事前に判明している「確実」なことなのです。

 

ちなみに、コストが高くても低くても、投資の表面的な成績は変わりません。

たとえば、タクシーでスーパーにお買い物に行っても、徒歩で行っても

お買い物の商品の品質・価格は変わりませんよね。

 

投資でも同様です。

コストはタダの「あらかじめ決まっているマイナス要因」なのです。

 

ですから、コストを下げれば下げるほど、

自然とマイナス要因が低減されますね。

 

冗談抜きで数百万円~数千万円のコストがかかることがある

ではどのくらいのコストがかかるのか見ていきましょう。

比較対象は、株式・ETF(上場投資信託)・(非上場)投資信託の3つです。

 

まず、もっともコストが安いのは、株式投資でしょう。

なにしろ、基本的に売買時にオンライン証券なら、数百円程度のコストが発生するだけ。

 

次に安いのは、ETF(上場投資信託)です。

投資信託の一種ですが、販売会社がないので(証券会社は市場との仲介役で販売社ではありません)

その分、コストが安いです。

 

高いのは、(非上場)投資信託です。

(つまり、普通の証券会社や銀行で売っている、いわゆる投資信託のことです)

 

そのなかでも

インデックスファンド(市場の平均点と連動する(非上場)投資信託)は安いです。

注意したいのがアクティブファンドやバランスファンドです。

信託報酬と呼ばれる保有時にずっとかかる費用が1・3%以上かかることが多いのです。

3%近いものも中にはあるようです。

 

ファンドラップ(ラップ口座)やロボットアドバイザーにおまかせすると、

さらに1%のコストが上乗せされます。

 

信託報酬とバランスファンド、ファンドラップとロボットアドバイザー

数字にすると、1%とか3%なら、あまり変わらないような気がします

ですが、長期で考えると、非常に大きな差になってきます。

 

上記の表は、元本がずっと1000万円の金融商品があった場合のコストの比較です。

※当然ながら、そんな金融商品はありません。話を分かりやすくするための一例です。

 

安い物を自分で選択すると、30年で30万円のコストで済みます。

ですが、おまかせ(ファンドラップやロボアドなど)したり、コストの高い(非上場)投資信託を

選んでしまうと、冗談抜きで30年で1000万円近いコストが発生します。

 

コストを下げる一番の方法は、自分で選んで運用すること=賢い投資家

ちょっと怖い数字ですね。

よく初心者の方が勘違いしているのは、

  • プロに任せたら安心
  • 売り手のおすすめを買えば正解

という誤解です。

 

じつは、個人でも年金機構などのプロと同じような運用はカンタンにできます

また、売り手は自社が儲かる商品=コストの高い商品をお勧めしてきます。

 

これは、お仕事ですから、当然ですね。

つまり、個人が自分の運用成績を上げるには

  • 自分でコストの安い銘柄を選定する
  • プロに任せない
  • プロと同じ運用方法を自分で行う

 

つまり、賢い投資家になると良いのです。

 

ちなみに、手前味噌ですが、金育研究所では、それをインデックス投資という手法でお伝えしています。

相談費用がかかりますが、コスト低減効果を考えると、費用対効果は抜群です。

あなたが賢い投資家になれば、1000万円近くかかるコストを30万円程度に減らせるかもしれません。

 

それは、とりもなおさず、あなたの実質的な運用成績が970万円向上する、という事実です。

※表面的な運用利回りは、景気状況によって、マイナスにもプラスにもなり得ます。これは景気次第です。

※投資元本が1000万円だった場合の話です。

 

 

 

お金と時間は有限です。

あえて言う必要はないかもしれませんが、お金は大事です。

そして、時間も大切です。

 

経済の言葉に「機会損失」という言葉があります。

どういう意味でしょうか?

 

それは、Aをしたことにより、Bができなくなる、というニュアンスです。

つまり、もったいない期間というわけです。

 

自己流でも、もちろん立派な投資家にはなれます。

これは間違いありません。

ただ、時間がかかります。

 

そして、その時間の中に「もったいない期間」が生じます。

景気の状況にもよりますが、時間をかけて勉強・経験を積んでいる間に、景気の波を逃してしまうと、せっかくの投資の利益を棒に振ってしまう可能性があります。

投資におけるもったいない期間を最小限にとどめたい方はお早めのご利用をお勧めします。

 

個別相談を上手に使うには?

大切なお金と時間だからこそ、相談料金も相談時間も自分にぴったりな物を選択したいですね。

ここでは、上手な個別相談の使い方をご紹介します。

(登場人物は架空の人物です)

あなたにピッタリなお得な使い方を見つけてください

 

ケース①投資経験がゼロのA子さんの賢い使い方

・相談回数1回90分コースを選択

 

A子さんは、まだ投資を本格的に始めるつもりはないものの、投資についてしっかりと学びたいと思っています。

A子さんには疑問や質問がたくさんあります。いえ、それ以上に何が分からないのかも良くわかりません。

 

そこで、90分コースでしっかりと相談をしました。

相談の結果、投資をする準備と心づもりができました。

最初は90分だと長いかな? と考えていたA子さんでしたが、気が付けば「あっ」という間の90分でした。

 

一回の質問で疑問点がスッキリとしたので、今後は自分で少しづつ勉強をしようと思ったA子さん。

いつか本格的に投資を始める時には、60分コースで相談してみようかな? と考えているようです。

 

ケース②証券会社に口座だけを作っているB太さんの賢い使い方

・相談回数2回:90分コースを受けた後、半年後に60分コース

 

証券口座をすでにお持ちのB太さん。それでも、投資の基礎的なことや、実際に何をどのように買ったら良いのかはまだ分かっていません。

そこで、初回は90分コースで、基礎から、買い時売り時の見極め方など、じっくりと聞きました。

 

それから半年、いよいよ本格的に投資を始めようと考えたので

「今が買い時なのかどうか?」

「この商品を買おうと思うけど、どうなのか?」

「いくら位資金を回したらいいのか?」

相談することにしました。

 

二回目なので、60分コースを選択

知りたいことだけピンポイントで知ることができたので満足です。

 

ケース③本格的に投資を始めたいCさんご夫婦

・相談回数3回:60分コース3回(その後、年一回ペースでの利用を検討中)

 

Cさんご夫婦は子育てもひと段落し、老後の資金つくりを真剣に考えています。相談にはご夫婦そろって望まれました。

初回は60分コースで、全体的な方針を探ります。

 

いままでの思い込みが間違いであったり、資金計画の重要性、投資の前に貯金の仕組みから見直すことなど、基本的なことを理解されました。

2カ月後、二回目も60分コースで、細かい運用方法を詰めて行きます。

前回の確認をしつつ、新たな疑問やご自分の考えを展開・修正していきます。

少しづつ資産運用の全体像が見えてきたようです。

 

半年後、三回目も60分コースを選択。

いよいよ本格的な投資をスタートさせたいCさんご夫婦。

これからの作戦の最終的な確認、本当にこの投資対象・投資金額・投資時期で良いのか?

納得のいくまで相談をします。

 

Cさんご夫婦は、一度にすべてを決めないで、少しづつ投資の勉強をご夫婦二人で進めていきました。

そのおかげで、順調に投資の知識も増え、家計に影響を与えにくい投資の手法をご相談されたようです。

 

投資も大事ですが、ご家庭と家計の円満さを大事にしているのが良いと思います。

これからCさんご夫婦は、年に一回くらいのペースで金育研究所の60分コースを利用して、その都度、軌道修正や売り時・買い時などの確認をしようと考えているようです。

おそらく、4年ほどしたら、金育研究所のアドバイスが不要になるくらいの立派な個人投資家のご夫婦になられるでしょう。

 

金育研究所の目標は「賢い個人投資家を育てること」です。

少しさみしいですが、みなさんが金育研究所を必要としないくらい立派な個人投資家になること=リピーターがゼロになることが金育研究所の目標なのです。

 

ケース④一気に儲けたい会社員Dさん

・相談回数1回:60分コース

 

Dさんは投資未経験者ですが、投資に興味があります。テレビや雑誌で、FXやデイトレードなどを目にして「投資は短期間で儲かる」というイメージを抱いているようです。ご自分もボーナスと貯金を株式に投資して一発勝負に出ようと考えています。

まずは様子見ということで、60分コースで相談されました

相談終了後、Dさんは当分の間、投資をしないことにしました。

「目からウロコでした」

「今日の話を聞かずに投資をしていたらきっと大損していたでしょう」

「売り時と買い時の仕組みが分かっただけでも大きな成果でした」

「いつ買っても良いものだと勘違いしていました」

「投資がギャンブルでないことが良くわかりました」

Dさんは、これまでの自分の投資のイメージと、健全で合理的な投資本来のイメージのギャップにとても驚かれた様子でした。

Dさんは、まずは、しっかりと毎月のお給料を貯金するようにしようと決めました。投資をしなくても、積立貯金なら、元本保証で資産を形成することができることに気がついたからです。

 

 

※金育研究所は少し変わっているかもしれません。

金育研究所は、必ずしも投資を勧める場所ではありません

時期が適切でなかったり、投資に対する考え方が間違っていたり(大抵は間違った情報による思い込み)することを矯正する場所でもあります。

「投資をしない方が良い時期」を見極めることは、個人投資家に取って、とても重要な能力なのです。

 

当研究所は「なにも売りません」。

何も売らないからこそ、本当に役に立つご相談ができると思います。

これをご覧の皆様も、どうぞご自分に合ったコースを選択してご利用ください。

 

そして、金育研究所のアドバイスが不要なくらい、どうぞ立派な投資家になってください。

最終的なリピーターゼロが私の願いです。

 


出張セミナーについて

■人数:1名でも100名でも料金は同額です。

■お時間や内容はご相談ください。

一例:確定拠出年金導入後の投資知識教育・各種イベントでの投資教育・仲間内での投資入門教室など

■企業の研修や、各種講演会、自治体のセミナーなど、お気軽にご相談ください。

■2時間以内にまとめることもできますが、主にこちらからの情報発信に時間が費やされます。質問や、各人に沿った提案などを考えますと、3時間~4時間程度を考えていただくと、更に疑問がスッキリします。

 

■諸注意

・会場はご依頼者側でご用意下さい(会場費はご依頼者負担です)。

・交通費は別途発生する場合があります。

・県外などにもお伺いできますが、その場合も交通費等を別途ご負担いただきます。

 

開催までの流れ

①メールにてお問い合わせ

②お電話にて打ち合わせ(希望日時・開催場所・知りたいこと・ご要望などお聞かせください)

③当日(セミナー開催・料金のお支払い、または後日、指定口座に振り込み)