ファイナンシャルプランナーとしての想い

広島のファイナンシャルプランナー 佐々木裕平とは

広島のファイナンシャルプランナー佐々木裕平

広島在住のファイナンシャルプランナーです。

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの佐々木裕平です。

私は広島県広島市の真ん中でインデックス投資のアドバイザーやお金の知識教育・投資セミナーなどを行っています。

恐縮ですが、本日は私の基本的な「仕事に対する考え方」を発表させていただきます。

 

というのも、どんな考え方をしているのか分からないと、

「本当に佐々木さんに私のお金の話をしても良いの?」と不安に思い、

お客様が大切なお金の話をしにくいと思うからです。

 

ファイナンシャルプランナーとしての夢

私は、広島で金育研究所というインデックス投資の相談所を主催しています。

いわゆる代表者です。

代表者・・・というと格好いいのですが、一人で運営しています。

そのため結構大変です。

広島市中区大手町オフィス

金育研究所の目標は大きく3つあります。

  • 金育(お金の知識教育)を普及させること
  • 中立・公正な立場から情報を発信すること
  • 何も売らないこと

 

意外に思われるかもしれませんが、

中立・公正な立場から投資の情報を発信できるファイナンシャルプランナーはとても少ないのです。

多くの場合は、保険商品の仲介をしたり、投資信託の斡旋をしたりするファイナンシャルプランナーです。

もちろん、それは悪いことではありません。

 

その方の主義・信条に沿った行動なのでしょう。

また、企業に属していれば、会社の方針なのでしょう。

そうすることで、比較的安定した収入を確保しやすくもなります。

 

私の報酬は相談料のみ

実際のはなし、私は、2013年の創業以来、何も売ったことがありません。

そのため、事業収入も結構不安定です。

とほほ・・・。

その分、投資からのリターンや本の印税などで補っています。

 

それは、

「お金を出してまで投資の話を聞く価値があるのか疑問」に感じている

お客様が多いのだと思います。

 

また、通常、証券会社や銀行などの窓口やセミナーでは「無料」で相談を受け付けるのが一般的です。

わざわざ有料の投資相談所に行く必要が無い気がします。

ですが、それでは売り手サイドに偏った情報しか入手することができません。

ファイナンシャルプランニング事務所 広島

無料が良い、悪い、というお話ではありません。

私たち個人投資家にとって有利か不利か? というお話です。

少し考えてほしいのですが、

無料のセミナーや相談会の場合、講師や主催者などの彼らの報酬(お給料)はどこから出るのでしょうか?

 

・・・答えは、相談者が支払っています。

確かに相談自体は無料なのですが、その延長線上にある、

保険商品や金融商品の手数料などが彼らの収入源になります。

 

もちろん、売り手にとっては、正しいビジネススタイルです。

ですが、買い手である個人投資家にとってはどうでしょうか?

延々と高い手数料を引かれ続け、運用成果がパッとしない状況が続きかねません。

 

売り手は「売ることのプロの営業マン」であっても、

「個人投資家の運用成績を上げるプロ」ではないのです。

もしも、あなたが金融機関の営業マンさんから保険や金融商品を強くプッシュされたら

「どうしてそんなにコレをプッシュするのかな?」と考えてみてみるのも良いでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーは顧客利益を最優先すべし・・・なのだけど?

そもそも、ファイナンシャルプランナーのなかでも、

国家資格の1級ファイナンシャルプランニング技能士には職業倫理があります。

 

その中に次のようなものがあります。

  • 顧客利益を最優先すべし

 

これはつまり、ファイナンシャルプランナーたるもの、

会社の方針や自分の利益を最優先させるのではなく、

顧客(お客様)の利益を一番に考えた提案をしなければならない!

ということなのです。

 

私は、この青臭い職業倫理が大好きです。

子供のころに見たテレビの「正義の見方」っぽいからです。

これを思うたびに、お腹の底の方で何かがメラメラと燃える感覚があります。

(※同時にお金の知識教育の普及を考えても、やはりメラメラと燃えます)

 

ですが、この倫理を実行するのは、結構大変です。

なぜなら、儲からないから(笑)。

でも、私はいつまでもこの職業倫理を貫き通したいのです。

 

顧客第一、売上第二

顧客利益を最優先するためには、どこかの金融機関に所属していてはダメです。

企業に所属すると、どうしてもその企業の利益を優先させることになるからです。

 

次のような弊害がどうしても生まれます

  • 買い時でなくても勧めないといけない
  • 顧客に不必要でも勧めないといけない
  • 他により有利な金融商品があっても紹介してはいけない
  • 売ることが第一になり、顧客の利益はどうでもいい
  • 投資が本当は不要な人でも、断れない

 

企業に所属していれば、避けては通れないことばかりです。

ですから、私は完全に中立・公正な立場である独立系ファイナンシャルプランナーを選択しています。

 

私は昔、食品系の企業に10年ほど勤めていました。

大手のパン屋さんです。

その時に習った好きな言葉があります。

  • 品質第一・売上第二

 

・・・いかがですか?

清廉さが伴った良い言葉です。

そのパンの会社で私は、営業・製造・販売・店舗管理・販促企画と様々な仕事をしました。

どこの職場でも、一貫して品質第一を貫いていました。

そして、売り上げ第二!

(※今思えば、サービス残業が常態化しており、従業員の生活第三になっていたので、ブラック企業でしたが・・・)

 

新入社員のころのボスの口癖は、

「良い仕事をしていれば、結果は後から付いてくる!」

というものでした。

ですから、私のモットーは「顧客第一・売り上げ第二」です。

 

書籍の執筆も行っています

個人の相談以外にも、お仕事をしています。

  • 本の執筆
  • ラジオや新聞などへの露出
  • 投資セミナー
  • (仕事ではないけれど「行動経済学」の学会会員もしています。

本は、紙の本2冊に、電子書籍が9冊です。

2017年2月には、2冊が同時にAmazonランキングのベスト10に入りましたので、大変驚きました。

また、ラジオや新聞などにも時々出させていただいていおります。

その他にも、投資の入門セミナーなども行っています。

 

今後も

「顧客の利益第一・売上第二」

「何も売らない」

をモットーに合理的なお金の知識教育の普及に努めていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

広島 投資相談 金育研究所(旧:佐々木FP事務所) 佐々木裕平

広島のファイナンシャルプランナー佐々木裕平

コメントを残す

*