初心者向けの株式投資【勝利の方程式】は株価の分析にある?

日経平均株価は、企業の稼ぐ力のこと?

今回は、株式投資の基本の一つ、

日経平均株価について見てみましょう。

貯蓄から資産形成へ

初心者向けの株価分析に、勝利の方程式はある?

結論から言うと、

株式投資のスペシャルな分析方法をマスターしても、

投資で他者を圧倒する成績を上げることはできないはずです。

それには次のような理由があります。

資産運用

みんなが知っているから、勝利の方程式は通用しない?

仮に、すさまじい勝利の方程式がある、とします。

仮の話なので、それで分析すれば、

「上がる株式銘柄が分かる!」

とします。

そうすると、この方程式はみんながまねをしますね。

みんながまねをすると、どうなるでしょうか?

みんなが買いますので、

その株価はあっという間に高値になってしまいます。

ですから、多くの場合は通用しないはずです。

つまり、

すさまじい勝利の方程式が本物であればあるほど、

通用しない。

ということになります。

以上の理由で、勝利の方程式はあってもないです。

初心者向けの方程式にご用心?

株式投資をこれから本格的に始めたい方の中には、

勝利の方程式を探している方もいるでしょう。

ただ、初心者向けであるということは、

誰でも知ることができる

ということの裏返しです。

その情報で、他者を出し抜く成績を上げることは

理論上、できないのではないでしょうか。

できるのであれば、ある程度の知識のある人はみんなお金持ちになるはずですが。

投資の基本? 日経平均株価とは何か?

よく耳にする日経平均株価とはどのようなものでしょうか?

これは、東証一部上場企業の中の、

主要な225社の株価の平均点のようなものです。

「ようなもの」というのは、過去からの連続性を保つため、

修正が入っていたりするため、単純な平均ではない、ということです。

日経平均株価の弱点?

日経平均株価は、225社の平均点のようなものなのですが、

東証一部には、全体でおよそ2000社が上場しています。

つまり、9分の1程度の数で平均を出しているのですね。

そのため、正確な平均とは、やはりずれます。

ただ、広く知られている指数ですし、

分かりやすいので、よく使われます。

資産運用

日経平均株価で何が分かる?

日経平均株価を見ると、

日本経済の現在の温度が分かります。

つまり、温度計として使えるのですね。

日経平均株価が12000円などで、低ければ、低いですし(将来の企業の業績が悪そうだ)、

23000円で高ければ、高い(将来の企業の業績がよさそうだ)。

とてもシンプルに、株式市場全体の割安感・割高感がつかめます。

初心者がまずすべきことは?

株式投資を本格的にしたい方がすべきことは、

勝利の方程式を探す前に、

毎日、日経平均株価(またはトピックス)などの株価指数・金利・為替

の3つをチェックして、自分の中に

温度計(とその判断基準)を持つことではないでしょうか。

温度計が読めれば、

暑い日に無理をして、ばてることも、減るかもしれません。

 

関連記事

  1. 広島の投資セミナーお金の学校 投資教育 佐々木裕平

    ETFとは何か? ポイントは3つ 

  2. 未来のための積みたてニーサ

    【投資信託とは】積立投信がおすすめ? 100円からできる

  3. 資産運用の方法

    1000万円を資産運用するなら中身は株? 投資信託?

  4. 家族とお金

    初心者が100万円を運用するなら、国内株式? 投資信託?

  5. 資産運用の方法

    投資信託 失敗談 7つのお話(選び方編)

  6. 管理銘柄と整理銘柄

    株式投資の監理銘柄とは? 売買してもいいの?

最近の記事

月別投稿記事

PAGE TOP