ミニ公募地方債(住民参加型市場公募地方債)とは?利率は?どこで買える?素朴な疑問を調査

公募地方債とは、地方公共団体が発行する債券のこと

今回は、公募地方債について見てみましょう。

どのような金融商品で、どのような中身なのでしょうか?

公募地方債は公債の一種

日本国が発行する債券に、国債がありますが、

公募地方債は、それと併せて公債と呼ばれます。

個人が買えるものとしては、

  • 全国型市場公募地方債(一部の都道府県とすべての政令指定都市)
  • 住民参加型市場公募地方債(ミニ公募地方債)

などがあります。

全国型市場公募地方債は、地方公共団体が収入不足を補うための資金調達として発行します。

 

ミニ公募地方債とは?

ミニ公募地方債とは、上記のとおり、住民参加型市場公募地方債のことです。

預貯金よりも有利な金融商品として注目を集めることもあります。

 

公募地方債はどこで買えるの?

公募地方債は、許可を得た金融機関で取りあつかっています。

売る時は、自由に売れますが、手数料相当額がかかります。

公募地方債の期間はどのくらい?

5年と10年が一般的です。

 

気になる公募地方債の利回りは?

その時の金融情勢によります。

ズバリ、公募地方債のメリットは?

  • 長期利付国債よりも利回りが高い
  • 1万円から購入できるものもある
  • 信用度は高い(一般的な債券よりも)

 

それでは公募地方債のデメリットは?

  • 中途売却ができるが、途中で手放すと、損失が出る可能性がある
  • 募集時期が不定期

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 医療保険は必要?2018年のランキングを見る前に知っておきた…

  2. 夏目漱石 牛のように

    個人賠償責任保険とは?

  3. プラチナ

    株式市場で2018年のプラチナ価格推移がリアルタイムで分かる…

  4. 投資セミナー【広島】積立ニーサやイデコにも使える初心者向け講…

  5. アンティークコインは失敗する?しない?

    【資産運用裏話】アンティークコイン投資ってどうなの? 失敗?…

  6. 金のETF(上場投資信託)は買わない方が良い

    退職金の運用方法はどれが良い? 5種類を比較【資産運用】

ブログ統計情報

  • 210,880 アクセス

最近の記事

  1. 渋沢栄一 設立企業

月別投稿記事

PAGE TOP