お金の学校 いろんなお話

お金の学校1 72で割りましょう!複利効果でお金持ち?

中国新聞 佐々木裕平 ファイナンシャルプランナー

72で割ると、何年で2倍になるか分かる!(複利で)

毎日、暑いですね。

昨日、中国新聞SELECTという新聞に私のコラムを載せていただきました。

中国新聞SELECT人生初の、新聞一面デビューです。

※右の二人組・・・ではなくて、左側の「想(そう)」というコーナーです。

 

実家の祖母曰く「悪いこと以外で新聞に載るのはむつかしい(笑)」

だそうです。

・・・なるほど(笑)。

 

家族でお金のお話、しませんか?

コラムの内容は、

「大事なお金のことですが、学校では習いません。

少しづつご家庭でお金のお話でもしませんか?」

という内容でした。

 

少しづつでも、お子さんにお金の知識を増やしていけば、

将来、お金の偏差値(金融リテラシー)が向上しますからね。

 

とはいえ、何から話したら良いのやら・・・・

というお声もあるかと思います。

 

そこで、不定期で

このブログでも「お金の学校」シリーズを開始します。

 

第一回は、こちら↓

 

72で利回りを割ると、複利効果で何年で2倍になるか分かる!

じつは、72銀行や、不動産、投資信託などの利回りを割ると

複利で運用した場合、何年で2倍になるかが分かるのです

 

一例:昔(30年くらい前)は銀行の定期預金の利回りが6%くらいありましたから、

72÷6=12年

つまり、複利効果を使えば、わずか12年で元本が2倍になったのです。

(だから昔は、普通の人は投資をする必要がありませんでした。

ノーリスクで、12年間で2倍になるのですから、当然ですよね。)

 

複利効果ってなーに?

まず、複利効果というのは、増えたお金を再投資に回すことです

どういうことか?

 

つまり、銀行にお金を預けると、ほんのすこーし(笑)お金が増えますね。

これが利子(利息)です。

で、この増えたお金をそのまま銀行に預けている(つまり再投資)と、

増えたお金にもまた利子が付きます

 

いわゆる「雪だるま式」にお金が増える状態です。

借金で雪だるま式に返済額が増えると怖いですが、自分の資産が増えるのは大歓迎です。

 

これが複利効果です。

 

ちなみに現在は、銀行預金が0.01%程度の利子としますと・・・

72÷0.01=7200年

元本が2倍になるまで7200年かかってしまいます。

 

冗談みたいな数字ですね(汗)。

7200年も待てる人間いません。

 

そこで、これじゃあしょうがないから

普通の人も投資をするかな? という空気が盛り上がってきたのですね。

 

お金持ちになる方法

効率よくお金持ちになろうと思うと、

この複利効果を上手に使うことが必要です。

↓のイメージ図をご覧ください。

 

複利の場合と、再投資しない場合の差が大きくなることが分かります。

(例では利回り5%です)

 

まあ、実際には元本が保証されている投資はないので

↓の図のように順調に行くとは限りませんが!

(こういう美味しいお話を鵜呑みにしてはいけません。必ず疑いましょう)

お金持ちになる方法 資産運用と複利効果

まとめ

  • 利回りを72で割ると、複利で2倍まで何年か分かる
  • お金持ちになるには、複利効果(増えたお金を再投資する)が大事!

コメントを残す

*