資産運用のおすすめ 少額でもいい

「いくらから投資をしたらいいの?」

まずは少額から始めるのがコツです。

初めての資産運用とは、怖いものです。

特にいきなり高額を投資するのは怖いものです。そんな時は、まず少額から始められることをおすすめします。

 

「少額ってどのくらい?」

私のおススメは10万円程度です。毎月コツコツ買い続ける必要はありません。高い時にコツコツと買い続けるのは、経済状況によっては高値掴みになり、意味がありませんから、ご注意ください。

(しばしば投資の入門書などで「毎月コツコツと買っていけば資産ができますよ。ドルコスト平均法ですよ。だれでもできますよ。」と書いてある本がありますが、鵜呑みにしてはいけません。高い時期には、どうしてもコツコツと高値掴みをさせられてしまい、損失が広がりかねません。ドルコスト平均法を過信してはいけません)

まずは10万円の範囲内で売買をしてみて、慣れてみるのが重要です。

そして、その時に、あなたの気持ちがどのように反応するのかを、ノートに取ってみて欲しいのです。

意外かもしれませんが、投資は自分との心理戦だからです。

もちろん、向いていないと判断したなら、投資をスッパリやめるのが得策です。少額で始めれば、被害も最小限で済みますから。

「株価が高い時はどうしたらいいの?」

株価が高い時は、無理に買う必要はありません。元本の減らない資産運用をすればいいのです。

 

元本保証の運用方法、それは「預貯金」です

こういうと、多くの人は「もっとマシな答えを期待した」という反応をしますが、それは間違いです。預貯金は立派な資産運用です。株価が高い時に買うと、高値掴みになり、資産をムダに目減りさせてしまう原因になります。

そこで、元本の減らない資産運用先として、預貯金を活用します。

そして、数年して、株価などが下がって来たら、コツコツと貯めておいた預貯金を導入すればいいだけです。とても簡単で合理的です。

コツコツと高い時期に少額で買うのは非合理的ですからよしましょう。

 

投資の原則は、シンプルです。

「安い時に買って、高い時に売る」

これだけです。

いつが高い時と安い時が分からないようでしたら、本格的な投資をするにはまだ時期尚早といえます。

いつ買っても利益が上がるような不思議な現象は起こり得ません。

10万円程度で数年間練習をしましょう。

徐々に投資のノウハウと知識が増えていくでしょう。

 

みなさまの投資の一助になれば幸いです。

 

 

おまけ

先日、拙著「ストレスゼロの絶対貯金」青月社よりが福島の福島民友新聞さまの家庭版4月号に掲載されました。

ステキな記事ですのでご紹介させていただきます。

関連記事

  1. 初心者向けの資産運用の種類を比較

    安定的な資産運用のために 2種類の方法を分かりやすく比較

  2. 貯金の仕方 低収入の主婦でも貯まる 佐々木裕平 お金の学校

    貯金の仕方「低収入時代でも貯める」主婦じゃなくても家計簿

  3. お金の学校5 日本の借金は800億円? 夏休みの自由研究

  4. 外貨建ての生命保険の本当の意味とは

  5. 夏目漱石 牛のように

    個人賠償責任保険とは?

  6. 初心者向けの資産運用の種類を比較

    資産運用裏話 陥りがちな【100万円】の危険な運用方法

最近の記事

  1. 投資セミナー

月別投稿記事

PAGE TOP