企業型確定拠出年金制度(DC)の継続投資教育ならお気軽にご相談ください|広島

投資セミナー

企業型確定拠出年金制度(DC)の継続投資教育が配慮義務から努力義務に変更されました

長寿化する私たちにとって、老後のための資産形成は重要です。

「そのうちやろう」

「なんとかなるだろう」

では、人によってはもう待ったなし、の状態にもなっているかもしれません。

そこで「もう一つの年金」として、注目されるのが企業型確定拠出年金制度(DC)です。

これは、いわゆる年金の

  1. 1階部分の国民年金
  2. 2階部分の厚生年金

に加えて、「もう一つの年金」として企業型確定拠出年金制度(DC)という位置づけです。

企業型確定拠出年金制度(DC)の継続投資教育、できてますか?

企業型確定拠出年金制度(DC)は、自分の意思で運用商品を選びます。

そのため、多くの人にとっては、

  • 学んだことがない資産運用をしないといけない
  • 何を選んだらよいかわからない
  • そもそも、それがどういうものか分からない
  • 良く分からないけど、怖いから何もしていない

という状況です。

しかし、これをそのまま放っておきますと、人によっては大変に困る事態になる可能性があります。

今後は、公的な年金制度が破たんはしませんが、受給額が少子高齢化に伴い、減少することが考えられます。

そのため、政府の方も、企業型確定拠出年金制度(DC)を作って、「自分のことは自分でしてね」という方針です。

ただ、金融リテラシー(お金の知識)の差が、個人間で激しいのも現実です。

ウソのように聞こえるかと思いますが、22歳の新入社員の場合ですと、知識の差により、退職時に受け取れる金額が数千万円の差になることもあります。

いまの現役世代の方にこそ、金融リテラシーは必要だと考えられます。

企業型確定拠出年金制度(DC)の継続投資教育は、配慮義務から努力義務へ

従来は、企業型確定拠出年金制度(DC)については、継続投資教育が配慮義務でした。

この継続投資教育とは、資産運用に関する知識(金融リテラシー)を定期的に行うものです。

この継続投資教育を行うことで、健全で合理的な企業型確定拠出年金制度(DC)の運用を推進させよう、というものです。

この継続投資教育は、

「まあ、できたら継続投資教育をやってよね」

という配慮義務でしたが、

「頑張って継続投資教育をやってよね」

という努力義務に変わっています。

これは、多くの企業が何もしていない、という一面があります。

広島の投資セミナー情報

企業型確定拠出年金制度(DC)の継続投資教育なら広島の金融教育研究所にお任せください

金融教育研究所では、企業型確定拠出年金制度(DC)の継続投資教育を承っております。

単発のセミナー形式はもちろん、

一人一人の社員に対する個別相談なども対応します。

もちろん、専門のツールを使っての、シミュレーションなどもできます。

知識がゼロの方から安心して受講できます。そして、短時間で、投資に対する基礎を学ぶことができます。

もちろん、継続して勉強を進めていくことで、実践に役立つ知識も学べます。

企業のご担当者の方などで

「うちの会社で金融リテラシーの講義をしてほしい」

「社員の個別相談をしてほしい」

「新入社員の研修をしてほしい」

などのお声がありましたら、お気軽にご相談ください。

分かりやすく、丁寧に解説させていただきます。

全てのひとに金融リテラシーを

金融教育研究所は、金融リテラシーの普及を行っている事業所です。

金融・保険商品の販売・斡旋・勧誘は行っていません。

中立・公正な立場から、情報を発信するように心がけています。

現代投資理論を軸にして、理論的に解説をしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 未来のための積みたてニーサ

    ライフプランニングとは?人生のシミュレーション4つのポイント…

  2. 広島の投資セミナー

    初心者向けお金と投資セミナー4月情報【広島】※無料ではありま…

  3. 資産運用 初心者へのアドバイス

  4. 家族とお金

    初心者が100万円を運用するなら、国内株式? 投資信託?

  5. 広島市中区大手町オフィス

    日経平均株価は今後どうなる?【予想】膨らむ世界のマネー

  6. 自己啓発おすすめ本

    自己啓発本ランキング4位 【入門お金持ち生活のつくり方】

PAGE TOP