CAPMとはなんのこと? (読み方はキャップエム)

CAPMとは? 現代ポートフォリオ理論に欠かせない理論!

こんにちは。

広島のファイナンシャルプランナー、金融教育研究所の佐々木裕平です。

資産形成の勉強を本格的にしている人や、ファイナンシャルプランナーの上位資格を取得しようとしている人が出くわす有名なキーワードがあります。

それがCAPM(キャップエム)です。

このCAPM(キャップエム)を理解することが、合理的な資産形成への近道、なのかもしれません。

 

  • CAPM(キャップエム) →Capital Asset Pricing Model (資本資産評価モデル)

 

 

CAPM(キャップエム)とは? マーケット・ポートフォリオ=効率的ポートフォリオ

まず最初に、市場にあるすべての証券の塊をマーケット・ポートフォリオと言います。

これはまあ、早い話が乱暴に言うと市場全体のことを「市場全体の組み合わせ(時価総額比率)」という、ということだと思います。

そしてこのマーケット・ポートフォリオというのは、「すごいんだぞ!」「賢いんだぞ!」という前提があります。

なぜ市場全体がすごくて賢いのでしょうか?

それは市場全体のすべての証券の価格は、多くの投資家・機関投資家たちによりすごい情報を収集・分析されているはずだからです。

つまり、市場全体の、例えば株式市場全体の価格(日本だとトピックス)は、その彼らの英知の結晶が織り込まれている、はずなのです。

だから「このマーケット・ポートフォリオに投資をすれば合理的だよね!」ということになります。

すごい乱暴に言うと、これがCAPM(キャップエム)の中心です。たぶん。

 

CAPM(キャップエム)の生みの親は、ウイリアム・シャープ先生

もちろん上記はCAPM(キャップエム)のさわりの部分だけなのですが、このCAPM(キャップエム)の理論を見つけたのがウイリアム・シャープ先生です。

ウイリアム・シャープ先生は1964年にこの理論に注目したとされています。

そして1990年に晴れてノーベル経済学賞を受賞されました。

すんごいですね。

 

CAPM(キャップエム)の肝は、マーケット・ポートフォリオが合理的ということ

このCAPM(キャップエム)理論の肝となるのは、前述のマーケット・ポートフォリオがすごい! ということです。

要点をかいつまんで言うと、このマーケット・ポートフォリオと安全資産の組み合わせこそが「すごいええで!」ということです。

まあ、これが現代ポートフォリオ理論の結論でもあるのですが。

CAPM(キャップエム)面白いですね!

もちろんCAPM(キャップエム)を詳しく知らなくとも、資産形成のことを勉強していくと、いろいろな方面から知識を集めていくと、やはりマーケット・ポートフォリオと安全資産の組み合わせこそが「すごいええで!」ということに気がつくと思います。

それではまた。

関連記事

  1. トービンの分離定理とは? わかりやすく解説…できるかな(笑)…

  2. CAPM(読み方:キャップエム)のベータとは?

  3. 投資のリスクは統計学で出したもの! ってどゆこと?

  4. 効率的フロンティアとは? マーケット・ポートフォリオがそこに…

  5. 金融経済学でいうリスクプレミアムとは?

  6. 資産形成で重要なこと|分散投資とは。ポートフォリオとは。

最近の記事

  1. 資産運用

月別投稿記事

PAGE TOP