雑記。現在の株価はコロナバブル発生中か?

未曾有の金融緩和による、コロナバブルの出現?

こんにちは。

金融教育研究所の佐々木裕平です。

2020年6月8日時点で、NYと東京の株価指数は、今年2月の最高値を更新したようです。

なぜなのでしょうか?

なぜ、私がなぜなのか、と思うかと言うと、早すぎるからです。株価が戻るのが。

 

早すぎる株価の回復

米国の株価はそもそも2月時点で史上最高値を更新していました。

つまり、世界の株式時価総額は、コロナショックの前で、すでに過去最高の記録を更新していました。

それがコロナショックによって、3割程度下落しました。これが3月21日ごろ。

ここまではいいのです。

株価は経済の動きを反映しているもののはずだからです。

しかし本日では、2月の最高値を更新しています。

なぜ?

相変わらず、世界ではコロナウィルスの影響により、患者は増加の一途。経済活動は本格的な再開はされず、飛行機は飛ばず、多国間の移動すらできません。

つまり、経済活動は停滞しているまま

企業の業績も著しい低下を見せています。

企業の業績=株価なので、本来は、相変わらずの株価の低迷、というシナリオのはず。

それなのに、なぜ株高になっているのか?

 

低金利と超大型金融緩和の登場によって、世界にお金があふれている

理由の一つとして考えられるのが、超のつく大規模金融緩和による、カネ余りではないでしょうか。

今回のコロナショックにより、何もしなければ多数の企業の経営状況が悪化し、連鎖倒産、金融破たん、という前回のリーマンショックのような状況が予想されました。

しかし人類は前回のショックから対策を得ていました。

企業や金融機関が倒産しないように、各国は大規模な金融緩和や雇用政策を打ち出しました。

その結果、世界的に、特に先進国を中心にお金が余っている、あふれている状況になってしまっていると思われます。

余っているお金は株式市場へと流れ込んだのではないでしょうか。

私個人としては、今後、より一層流れ込む気がします。

株は買う人が多ければ、価格が上がります。

本来は企業の業績を反映するべきものですが、あまりにも、明らかな割安状態で置かれている株式は、お買い得であるわけです。

 

コロナバブルの始まり

こうして、余ったお金により、世界の株価は、コロナショック真っただ中にも関わらず、企業の業績が回復していないのにも関わらず、国によっては株価が最高値を更新してしまいました。

おそらくこれはバブルです。たぶん。

数か月後か、数年後か、わかりませんが、コロナバブルとでも呼ばれるかもしれません。

このままコロナウィルスの影響が収束し、企業の業績が元の水準にまで回復すれば、さらなるバブルを形成するのではないでしょうか。

そして、それがいつかはじけ、本来の適正な株価へと再び戻るのかもしれません。

ここには、人類の強さと、不思議さが垣間見えているのかもしれません。

それではまた。

関連記事

  1. 資産運用 広島

    【広島の投資セミナー】金育研究所の個別相談について

  2. 雑記。心の効用 明るい気分で過ごす方がお得

  3. 雑記。リスクと効用。

  4. 広島で投資の勉強会を探すなら 3種類の勉強方法

  5. 不動産の投資セミナーへ行く前に読んでほしい話

  6. 広島で不動産投資のセミナーへ参加する前に

最近の記事

  1. 資産運用 広島

月別投稿記事

PAGE TOP