資産運用裏話

退職金の運用方法 1000万円の3つの使い道を比較する

広島市のファイナンシャルプランナー

老後の不安を、安心に変えるのは、正しい資産運用

退職金の相場は1000万円~2000万円程度といわれています。

ここでは、1000万円で考えてみましょう。

 

まだ退職していない現役世代の方は、

ご自分が退職したと思って一緒に考えてみてください。

 

お金の使い方は大きく3つ

お金の使い方っていっぱいありますよね。

車を買ったり、服を買ったり・・・人それぞれです。

ですが、大きく分類すると3つ に分けられます。

 

それは、すなわち、

  1. 使う
  2. 貯める
  3. 運用する

この3種類です。

 

老後の不安を増大させるお金の使い方

上の3種類のうち、

多くの人は「2の貯めるが正解であろう」と思っています。

 

ですが、じつは1の使う と2の貯める は、

ほとんど同じ事なのです。

それは「原資が減っていく」という意味で同じなのです。

貯めても、徐々に使っていくので、退職金は減る一方です。

 

先に使えば、もちろんすぐにお金はなくなります。

貯金が潤沢になければ、老後の不安は一気に増します。

 

老後は、お給料がないから、危険なのです

現役世代の方にはピンとこないかもしれませんが、

老後は収入が激減します。

(55歳ごろから下がり始めます)

 

確かに公的年金はありますが、これはあくまでも

最低限の生活をギリギリ送れる程度です。

 

少々ゆとりある生活をしようとすると、

貯金や退職金を削っていかなければいけないのです。

投資信託 おすすめできないわけ 毎月分配型

「働けばいいじゃない」

と思われるかもしれませんが、

すべての退職者が元気に働けるとは限りません。

やはり、収入も現役時代よりも下がるのが一般的です。

 

正しい運用(理想)

そこで、退職金を上手に運用する、という選択肢が上がってきます。

 

理想の正しい退職金1000万円の使い方はこうです。

・1000万円を投資に回す

・毎年5%程度の平均利回りを得る

・平均利益の50万円を引き出す

・50万円と厚生年金を合わせて使う

 

つまり、退職金をプライベート年金の原資として運用し、

運用益をボーナス代わりに使うのです。

 

これが上手にできると、【理論上】原資の退職金1000万円は

減らずに、ずっと運用できます。

※もちろん、理論上のお話であり、実際には原資の資産価格は

投資商品によって価格変動をします。

 

退職金が2000万円ある場合は、ボーナスとして毎年100万円が受け取れる計算ですね。

福沢諭吉

 

長生きするほど得をするのが正しい運用

正しく運用ができると、長生き を味方にできます。

通常の「貯める&使う」方法では、長生きをするほどに原資が枯渇します。

 

そうです。

長生きがリスクになってしまうのです。

これでは本末転倒です。

 

ところが、上記の例のように、原資を取り崩さずに

運用益だけを使っていると、長生きが楽しくなります。

なぜか?

それは得をするからです。

ちょっと計算してみましょう。

 

1000万円を5%で運用して毎年50万円受け取る。

10年で運用益→500万円

20年で→1000万円

30年で→1500万円

40年で→2000万円

しかし、理論上は原資の1000万円は残る(価格変動あり)

 

もちろん、これはあくまでも計算上ですが、

長生きをするほど得をするのがわかりますね。

おまけに原資が残っているのも安心です。

 

ダメな運用方法

それでは、こんどはダメな運用方法です。

  1. 短期的な値動きの売買を繰り返し、毎年高い運用利回り を目指している
  2. 運用益を上回る額を、原資から取り出し、原資が年々先細り していく

 

1は、長期投資というよりも短期投資です。

長い目で見てみると運用利回りは、平均して5%というのが現実的なラインだと思います。

毎年20%や50%の運用利回りは望めないのではないでしょうか。

 

2は、毎月分配型投資信託などを買うと、強制的にそれになります。

また、貯金が十分にない場合も、2になりがちです。

さらに、投資の記録表や、家計簿をつけずにいると、知らないうちに原資を割り込んでしまうかもしれません。

 

記録は投資の基本です。

 

運用方法は千差万別

さて、肝心の運用方法は千差万別です。

先祖伝来の土地があれば現物不動産もいいでしょうし

株式に明るければ、株式投資もよいでしょう。

 

もちろん私はインデックス投資アドバイザーですので

投資信託を使ったインデックス投資をお勧めしますが。

長期&分散投資に優れているのです。

 

肝心なのは、最後まであなたが大事なお金を運用できる、

理論的で合理的な投資対象を探す ことではないでしょうか。

 

まとめ

  • 退職金の使い方は大きく3つ 使う・貯める・運用する
  • 上手に運用ができれば、長生きが楽しくなる